ソニー「最新イヤホン」が逸品といえる理由

AIスピーカーの次に来るのはこれだ!

4月11日にソニーが発表したワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」(4月21日発売、直販価格2万9880円)。イヤホンではあるが、実はまったく新しいジャンルの製品だ(筆者撮影)

近年、“ヒアラブル”という新しいジャンルの製品が注目されはじめている。ヒアラブルとは“Hearable”。すなわち、“聴覚”と“身にまとう”の2つをつなげた造語だ。音声認識技術と音声合成、それにAI技術の進歩が生み出した新しいジャンルは、昨年、一部で話題となった。しかし、個人的にはヒアラブルなデバイスに、あまり強い興味は惹かれなかった。

ヒアラブルデバイスを評価するうえでのポイントは、日常生活へどこまで溶け込めるかにある。

たとえば音楽を聞くために特化したワイヤレスイヤホンとヒアラブルデバイスの違いはどこにあるだろうか。それを結論から記せば、スマートフォンに対する情報のインプットとアウトプットの有無だ。これだけではピンと来ないかもしれない。詳しく説明していこう。

ヒアラブルデバイスは別カテゴリーだ

ヒアラブルデバイスが、単なるワイヤレスイヤホンではなく、別のカテゴリーとして定義されているのは、スマートフォンを中心としたアプリケーションやサービスを利用するためのデバイスとなっているためだ。ヒアラブルデバイスとワイヤレスイヤホンの違いは、一般的なスピーカーとスマートスピーカーの違いに近い。

ヒアラブルデバイスは「音声認識による操作」「音声ガイダンス」「音声による通知や情報の読み上げ」といった要素を耳に装着する装置へと集約、商品の企画を再構成したものと言える。これまでにもいくつかの提案がされていたが、個人的には今ひとつ“これは未来を示している”とは思えないものが多かった。

しかし、4月11日にソニーが発表した「Xperia Ear Duo」(4月21日発売、直販価格2万9880円)は、まったく新しいオーディオジャンルを作り出す可能性を秘めている。この商品を「長所」と「短所」の両面からみていこう。

次ページ“まったく新しい”感覚をもたらすユニークな体験
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。