ソニー「最新イヤホン」が逸品といえる理由

AIスピーカーの次に来るのはこれだ!

4月11日にソニーが発表したワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」(4月21日発売、直販価格2万9880円)。イヤホンではあるが、実はまったく新しいジャンルの製品だ(筆者撮影)

近年、“ヒアラブル”という新しいジャンルの製品が注目されはじめている。ヒアラブルとは“Hearable”。すなわち、“聴覚”と“身にまとう”の2つをつなげた造語だ。音声認識技術と音声合成、それにAI技術の進歩が生み出した新しいジャンルは、昨年、一部で話題となった。しかし、個人的にはヒアラブルなデバイスに、あまり強い興味は惹かれなかった。

ヒアラブルデバイスを評価するうえでのポイントは、日常生活へどこまで溶け込めるかにある。

たとえば音楽を聞くために特化したワイヤレスイヤホンとヒアラブルデバイスの違いはどこにあるだろうか。それを結論から記せば、スマートフォンに対する情報のインプットとアウトプットの有無だ。これだけではピンと来ないかもしれない。詳しく説明していこう。

ヒアラブルデバイスは別カテゴリーだ

ヒアラブルデバイスが、単なるワイヤレスイヤホンではなく、別のカテゴリーとして定義されているのは、スマートフォンを中心としたアプリケーションやサービスを利用するためのデバイスとなっているためだ。ヒアラブルデバイスとワイヤレスイヤホンの違いは、一般的なスピーカーとスマートスピーカーの違いに近い。

ヒアラブルデバイスは「音声認識による操作」「音声ガイダンス」「音声による通知や情報の読み上げ」といった要素を耳に装着する装置へと集約、商品の企画を再構成したものと言える。これまでにもいくつかの提案がされていたが、個人的には今ひとつ“これは未来を示している”とは思えないものが多かった。

しかし、4月11日にソニーが発表した「Xperia Ear Duo」(4月21日発売、直販価格2万9880円)は、まったく新しいオーディオジャンルを作り出す可能性を秘めている。この商品を「長所」と「短所」の両面からみていこう。

次ページ“まったく新しい”感覚をもたらすユニークな体験
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。