ダイソン新コードレス掃除機の凄すぎる機能

基本構造から見直してフルモデルチェンジ

「コード付き掃除機は不要」と言えるだけの性能と使いやすさを実現した「Dyson Cyclone V10」(筆者撮影)

ダイソンが3月20日に発表した新型コードレス掃除機「Dyson Cyclone V10」は、掃除機の本質的な要素を高めることで、新しい世代の幕開けを感じさせた画期的な製品だ。価格は、ダイソン公式ストアで6万9984~9万9144円(付属アタッチメントの数による)。製品の成熟が進み“機能差”で商品の差異化が進む中、個々の機能や性能だけでなく、基本構造から見直されたフルモデルチェンジである。

バッテリーインジケータや、ゴミ捨てサイン、フィルタ掃除サインなど、一部に細かな使い勝手を向上させる新機能も盛り込まれているが、それらは新製品の本質ではない。この製品の本質は、単なるマーケティングワードではなく、本当の意味で「コード付き掃除機は不要」と言えるだけの基盤となる性能、使いやすさを実現したことにある。

新製品で「新鮮さ」を出せなくなっていた

Cyclone V10の開発アプローチは、とかく“機能”に走りがちな他の家電メーカーとは一線を画している。イノベーションに対する考え方の違いが明確だ。

かつてサイクロン集塵方式の実用化でイノベーションを起こしたダイソンだが、技術の進歩でコード付きのキャニスター型掃除機からコードレスのスティック型掃除機への移行が進み、それも改良が進み始めると、新製品が出ても以前ほどの新鮮さを出すことが難しくなっていた。

それは、いわゆるイノベーションのジレンマといったものではない。十分に進化し、製品の満足度が高くなった結果、買い替えサイクルが長くなった。また体験レベルが平準化して相対的なブランド競争力が下がってしまうといった、ごくありふれた現象だったと言えるだろう。

これが筆者が感じていたダイソンの掃除機に対するイメージ。ところが、Cyclone V10はそうした固定観念を打ち崩すものだったのだ。

ダイソンの公式サイトでは、細かな技術的な解説がなされているが、この製品の良さは“機能追加に頼らず、掃除機としての本質を高める”ことにフォーカスした点にある。

次ページ一方、日本のメーカーは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。