パナと三菱電機のCMがこんなにも違う理由

「完璧」な共働きか、「あるある」の夫婦か

理想の共働き夫婦が登場するパナソニック(左)と身近な家族像を描く三菱電機。両社のCMの世界観は大きく異なる(写真:パナソニック、三菱電機)

目指すべきは理想の夫婦か、等身大の夫婦かーー。結婚式のスピーチのネタではなく、白モノ家電の広告宣伝の話だ。

ここで取り上げるのは、パナソニックと三菱電機。ともに日本を代表する電機メーカーだが、両社がCMで描く夫婦像、家族像は大きく異なる。

家事を完璧にこなす夫

まずはパナソニック。俳優の西島秀俊さんと女優の奥貫薫さんが演じるのは見るからに幸せそうな共働き夫婦。そこで大活躍するのは西島さんが扮する夫だ。週末には妻と一緒に料理を作り、平日も自身が先に帰宅すれば手早く料理を作ってしまう。

【2月24日15:30追記】初出時、奥貫薫さんの敬称が抜けていました。お詫びして訂正します(編集部)

いまや共働きであろうとなかろうと夫が家事をするのは当たり前。とはいえ、現実には“お手伝い感”が抜けない夫に、妻が不満を募らせるということが多いのではないか。

パナソニックのCM。西島さんが家事を完璧にこなす夫を演じる(パナソニック提供)

その点、西島さん(が演じる夫)は違う。洗濯物の仕上がりにうっとりし、掃除をすればゴミの気持ちに思いを馳せる、ホテル並のベッドメイキングを披露して満足げにうなずく姿からは、心から家事を楽しんでいることが伝わってくる。

家事を完璧にこなし、子供たちに優しく、妻への気遣いも忘れない。しかもとびきりの二枚目ときている理想の夫。そんな夫がいる理想の夫婦像である。

対して三菱電機。女優の杏さんとお笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんが演じるのはもう少し身近な夫婦像だ。

次ページ夫婦でリモコンを取り合う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。