ひと昔前のPCを大事に使う人の必需品とは?

小型ACアダプタが1つあれば便利になる

軽量で持ち運びがラクな、ノートパソコンの小型ACアダプター「パワーラッカー(POWERocker)」。さまざまな機種に対応するのが特徴だ
当連載は最新ガジェットの魅力を紹介するコーナー。当該企業からの貸出機や自費で購入した機器を実際に使用。その結果、魅力度が高かった製品をレビューしていく。

 

このところ、ビジネス媒体でパソコンについて取り上げる機会は、その多くがネガティブなものだ。

市場の縮小、粉飾、事業統合などなど、まるでパソコンという商品が終わったかのような印象を受けるが、ハードウエアとしてのパソコンの進化はとどまることを知らない。とりわけ最新世代のインテルプロセッサ搭載パソコンは、高性能なだけではなく消費電力が抑えられ、軽量なモバイルノートPCでもスペックで10時間前後。ガッツリと仕事をし続けて8時間ぐらいは問題なく使える製品ばかりだ。

こうした最新型の製品に乗り換えれば、パソコンと一緒にACアダプターを持ち歩いている人も、ACアダプターなんていらないよ!と言い始めるかもしれない。

パソコンの寿命が延びている

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

しかし、パソコンが高性能になってきたことに加え、アプリケーションの価値がどんどんクラウドへと溶け出している中、数年前のパソコンを使っていても、さほど性能への不満はないという人が多いのではないだろうか。パソコンへの買い換えサイクルが長くなってきている中、現実的には“もっと便利な”ACアダプターをというニーズは、いまもなお根強いと考えられる。

と同時に、ACアダプターに使う部品や設計技術の進歩によって、より小型のACアダプターも実現可能になってきた。勘のいい人ならば、少しずつではあるが、同程度の性能・サイズのパソコンに使うACアダプターが、以前より小さくなっていることに気付くかもしれない。

2014年にはMIT(マサチューセッツ工科大学)の学生達が企業としてFINsix社を設立。「Dart」という超小型ACアダプターを発表して話題になった。その後、Dartの開発は困難を極め、昨年1月には発売済みのはずが延期となり、昨年半ばにはさらに発売延期。今年春には少しずつ、クラウドファンディング「Kickstarter」の支援者に製品の出荷を始めるという。ちなみにこのDart。その設計をLenovoがライセンスして、一部の製品に採用を始めている。

次ページ手に入る最善の小型アダプターは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。