「Fire TV」はネット視聴の優れものだった

ネットフリックスも楽しめる

名前のとおり「スティック状」のデザインだ
当連載は最新ガジェットの魅力を紹介するコーナー。当該企業からの貸出機や自費で購入した機器を実際に使用。その結果、魅力度が高かった製品をレビューしていく。

 

今年に入って日本も本格的に映像のネット配信が注目されるようになってきた。NTTドコモのdビデオが存在感を放ったことに加え、4Kテレビへの注目からネットを通じた4K放送が始まったことが大きいだろう。

さらに、9月のネットフリックスとアマゾンインスタントビデオが日本でのサービスを始めた。こうした海外発の映像配信サービスが充実してきたうえ、民放各局が見逃し視聴サービスを充実させてきたことも、こうした動きを加速させている理由だろう。

では、そうしたネット配信をどのようにして観ればいいのか。

Fire TV Stickは、もっとも手軽かつ安価

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

もちろん、パソコンやタブレット、スマートフォンならば、直接、ウェブブラウザから視聴すればいいし、各種サービスに接続する機能を持つ最近のテレビならば、テレビのリモコンからつなげばいいだろう。

とはいえ、新たなサービスが次々に生まれる中で、なかなか”なんでもつながる”環境が揃っていることは少ない。そうした中、映像のネット配信を楽しむならば、もっとも手軽なデバイスとして勧めたいのが、アマゾンの「Fire TV」シリーズだ。中でもFire TV Stickは、もっとも手軽かつ安価。さらに多様なサービスに接続できる。

次ページさまざまなサービスが使用可能に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT