アマゾン、Netflixに勝つための武器とは?

秘策は「ASAP」という機能

デバイス事業を担当するデイブ・リンプ上級副社長(右)とアマゾン・ジャパンのジャスパー・チャン社長
アマゾンは9月24日、日本において「プライムビデオ」のサービスを開始した。これは年会費3900円を支払うプライム会員であれば、アマゾン独占コンテンツを含む多くのビデオコンテンツにアクセスできる、というもの。同時に、テレビで楽しむためのセットトップボックス「Fire TV」とスティック型デバイス「Fire TV Stick」を10月28日に発売することを明らかにした。
気になるのは9月2日に日本でサービスを開始したネットフリックスとの勝負の行方だ。米国の動画ストリーミング市場では、豊富な独自コンテンツを持つネットフリックスの存在が圧倒的で、ニールセンの調査によるとネットフリックスは36%のトップシェア。アマゾンは13%に過ぎない。日本ではどのように戦うのか。デバイス(ハードウエア)事業を担当するデイブ・リンプ上級副社長とアマゾン・ジャパンのジャスパー・チャン社長に話を聞いた。

 

「Fire TV」ではゲームも楽しめる。専用コントローラーも別売りで発売

――アマゾンプライムの価格のことを先に聞きたい。米国では99ドルなのに日本では3900円だ。今後、値上げするのでは?

リンプ:プライムの価格は世界各国で異なっている。確かに日本の価格はお得だが、含まれているサービスにも違いがある。

チャン:日本においてプライムサービスを開始したのは8年前。現在、プライム会員は年率50%のペースで増えている。先日は「パントリー」を開始したが、引き続きサービスメニューを充実させることで会員を増やしていきたい。

アマゾン・プライムの値上げはない?

――アマゾン・ウェブ・サービスなどは、一貫して値下げしている。同様に、プライムの会費も値上げをしない、と考えていいか。

リンプ:アマゾン・ウェブ・サービスについては担当ではないので言及できないが、スケールメリットが出てくることによって値下げが可能になる。これこそがアマゾンの考え方でもある。メリットは顧客に還元していく姿勢だ。プライム会員についても、なるべく安価に抑えることで多くの人に使ってほしい。これはスケールメリットを狙っていくビジネスモデルだ。

次ページNetfiixに比べた優位性は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。