アマゾンが住宅リフォームで狙う2つの革命

積水ハウス、大和ハウスも乗っかった

アマゾンを軸にした記者会見は6月30日に東京都内で開かれた

インターネットショッピングも、ついにここまで来たのか――。筆者に限らず、同じ感想を抱いた読者も少なくはないだろう。

EC(電子商取引)で世界最大級の巨人にして、日本国内でも最大手のアマゾンが、日本の住宅リフォーム市場に本格参入した。アマゾンジャパン(本社・東京都目黒区)が6月末、日本語版の総合オンラインストア「amazon.co.jp」内に「リフォームストア」と称する住宅リフォーム商品・サービスを販売する新コーナーをオープンしたのである。

注文・打ち合わせまでは原則無料

基本的な仕組みはこうだ。ユーザーがアマゾンを通じてリフォーム商品・サービスを選び、注文すると施工業者から自動的に連絡が入る。日程調整のうえで施工業者が現場に訪れ、ユーザーとリフォームの内容を打ち合わせする。ここまでは原則無料だ。ユーザーが工事内容や金額に納得すれば契約。その後に費用を支払うようになっている。

アマゾンのリフォームストアで購入できるのはキッチン、浴室、トイレ、洗面・脱衣所などの各設備やハウスクリーニングなど。実際にリフォーム商品・サービスを提供するのは、アマゾンジャパンと提携した積水ハウス、大和ハウスリフォーム、ダスキンの3社だ。まずは約5000種類の商品・サービスを取りそろえた。

この取り組みは、日本の住宅リフォーム市場に「2つの革命」を起こす可能性を秘めている。一つめは「販路」の革命だ。

amazon.co.jpにはパソコン(PC)、スマホなどを通じて月間約4800万人(延べ)のユーザーが訪れる。楽天と双璧を成す日本最大級のECサイトである。ネットでの買い物に慣れた膨大な数のユーザーが訪れるサイトで、住宅リフォームという極めて高額で複雑な商品・サービスを、購入できる仕組みを整えた意味は大きい。ネットでリフォーム商品・サービスを購入する人が今後、大きく増える可能性がある。

次ページ現状、ネットでどこまでできるのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。