「住みよさランキング2015」トップ50

トップ3は印西(千葉)長久手(愛知)能美(石川)

千葉ニュータウンの町並み(写真:YNS / PIXTA)

東洋経済が全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」。最新となる2015年のランキング結果がまとまった。このうち上位50都市を紹介しよう(各都市のランキングの詳細については、『都市データパック2015年版』を参照)。

「住みよさランキング」は、公的統計をもとに、それぞれの市が持つ“都市力”を、「安心度」、「利便度」、「快適度」、「富裕度」、「住居水準充実度」の5つの観点に分類し、採用15指標について、それぞれ平均値を50とする偏差値を算出、その単純平均を総合評価としてランキングしたもの。今回の対象は、2015年6月22日現在の791都市(全国790市と東京区部全体)で、今回が22回目となる(2011年は、東日本大震災により非公表)。

「住宅・土地統計調査」のデータを更新

昨年は「安心度」に保育所関連の指標を追加したが、今回は指標項目の変更は行っていない。ただ、2013年「住宅・土地統計調査」の確報結果が発表されたことにともない、「住居水準充実度」の構成指標である「住宅延べ床面積」のデータを2008年から2013年に更新するとともに、2010年国勢調査のデータを採用していた「持家世帯比率」についても、2013年「住宅・土地統計調査」のデータに入れ替えた。

なお、5つの観点と採用15指標、評価方法についての詳細は5ページに記した。

次ページ発表!まずは1~25位!
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。