「住みよさランキング2015」トップ50

トップ3は印西(千葉)長久手(愛知)能美(石川)

千葉ニュータウンの町並み(写真:YNS / PIXTA)

東洋経済が全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」。最新となる2015年のランキング結果がまとまった。このうち上位50都市を紹介しよう(各都市のランキングの詳細については、『都市データパック2015年版』を参照)。

「住みよさランキング」は、公的統計をもとに、それぞれの市が持つ“都市力”を、「安心度」、「利便度」、「快適度」、「富裕度」、「住居水準充実度」の5つの観点に分類し、採用15指標について、それぞれ平均値を50とする偏差値を算出、その単純平均を総合評価としてランキングしたもの。今回の対象は、2015年6月22日現在の791都市(全国790市と東京区部全体)で、今回が22回目となる(2011年は、東日本大震災により非公表)。

「住宅・土地統計調査」のデータを更新

昨年は「安心度」に保育所関連の指標を追加したが、今回は指標項目の変更は行っていない。ただ、2013年「住宅・土地統計調査」の確報結果が発表されたことにともない、「住居水準充実度」の構成指標である「住宅延べ床面積」のデータを2008年から2013年に更新するとともに、2010年国勢調査のデータを採用していた「持家世帯比率」についても、2013年「住宅・土地統計調査」のデータに入れ替えた。

なお、5つの観点と採用15指標、評価方法についての詳細は5ページに記した。

次ページ発表!まずは1~25位!
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT