「住みよさランキング2015」トップ50

トップ3は印西(千葉)長久手(愛知)能美(石川)

 長久手(愛知)が2位、能美(石川)が3位に

2位の長久手市(愛知)は、一昨年の6位、昨年の4位から着実に順位を上げてきた。

長久手市は、2012年に町から単独昇格して誕生した愛知県内では最も新しい市で、古くは戦国時代に豊臣秀吉と徳川家康が戦った「小牧・長久手の戦い」にその名が刻まれている通り、合戦の舞台として有名であり、最近では、2005年に「愛・地球博」(愛知万博)の開催会場となったまちとしても知られている。

名古屋市に隣接する典型的なベッドタウンとして、現在もリニモ(東部丘陵線)沿線を中心に住宅や商業地の開発が進む一方で、「愛・地球博」の開催跡地は記念公園として多くの人の憩いの場となっている。そのため、「快適度」で全国1位となったほか、「富裕度」が18位、「利便度」も40位と、3部門で全国トップクラスの評価となっている。

名古屋市の20%通勤圏に該当し、「65歳以上人口当たり介護老人福祉・保健施設定員数」と「人口あたり小売業年間商品販売額」の2指標で補正を行っている。

3位の能美市(石川)は、一昨年19位、昨年9位と順位を上げ、今回は昨年3位の同じ石川県の野々市市に変わりトップ3入りを果たした。

2005年2月に旧根上町・寺井町・辰口町が合併して誕生した市で、県の南部に位置し、有名な「九谷焼」の産地として知られる一方、県内最大の工業都市・小松市に隣接しており、同市のベッドタウンとして20%通勤圏に該当する。4指標すべて補正を行っており、医療や商業などの生活基盤の小松市への依存度は高い。

住宅着工戸数の増加などが寄与し、「快適度」では全国9位となったほか、保育所関連の指標の高さや出生数の増加などから、「安心度」の順位が上昇し、同30位とトップクラスの評価となったことが要因だ。

ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT