上陸!「ネットフリックス」は何がすごいのか

強みは「コンテンツそのもの」に移行

今年1月11日に行われたゴールデングローブ賞の授賞式の様子。Netflix(ネットフリックス)もスポンサーの1社だ(写真:ロイター/アフロ)

日本への上陸が2015年秋に迫る「映像配信の巨人」、Netflix(ネットフリックス)。2014年第4四半期の段階で、世界に5740万加入という圧倒的な規模を誇り、月額8.99ドルからの定額制でサービスを提供している。1ユーザーあたり月間35〜40時間視聴されており、これは米国におけるテレビ視聴の25%を占める。

Netflixの視聴環境はパソコンのウェブサイト、スマートフォンやタブレットのアプリだけでなく、Apple TV、NEXUS Player 、Amazon Fire TV、Rokuなどのネットに対応するセットトップボックスが軒並みサポートする。

また、テレビメーカーもNetflix対応が進んでおり、サービスが今後展開される日本でも、東芝のテレビがNetflixボタンをリモコンにつけた。ユーザーは、これらのデバイスから、カタログにはいっているコンテンツを、好きなときにいくらでも見ることができる仕組みだ。

日本で既にサービスを行っているHuluや、ドコモのdビデオは、Netflixを手本にサービスを作った同種のサービス。大規模なネット映像配信サービスの元祖が、日本に上陸しようとしているのだ。

ケーブルテレビから顧客を奪い、人気サービスに

Netflixは当初、郵送によるレンタルDVDサービスとしてスタートした。その後、ネット映像配信をスタートさせ、大きな影響力を誇るようになった。ユーザーの魅力は、ケーブルテレビより圧倒的に安い価格と、自分の好きなときに、好きなペースでドラマを見ていくことができる自由さだ。

ケーブルテレビはインターネット回線とセットで40ドル程度から利用できるものもあるが、HD放送、HBOやスポーツなどの専門チャンネルへの加入などを追加していくと、結果的に毎月100ドル程度の利用料を支払うことができる。

次ページ100ドル分見ている?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT