上陸!「ネットフリックス」は何がすごいのか

強みは「コンテンツそのもの」に移行

テレビで話題のコンテンツをネットやモバイルで自由に楽しめて、ケーブルテレビの1/10以下の料金で済む。ネット映像配信サービスの魅力はこうした「自由で安いテレビ視聴」だった。そこから、だんだん独自のコンテンツの面白さの勝負へと変化している。

ハリウッドスタイルで1話数億円から10億円をかけて製作される番組も魅力的だ。一方、ネット配信向けに第1シーズンが製作された作品を青田買い的に楽しむのも面白い。その後、テレビチャンネルなどのネットワークやスタジオなどの買い手が付いてシリーズが継続していくという、「出世作品」になることもある。話題になる作品をより早く楽しむ、という新しい価値が生まれている。

コンテンツが人々の支持を得て、継続・発展していく。Netflixがきっかけとなったネット映像配信は、コンテンツの新しいエコシステムを作り出している。

しかし筆者は、まだケーブルテレビの解約ができていないと書いた。オリンピックやワールドカップサッカー、テニスなどの試合中継を見ようとする際、ケーブルテレビの契約が必要だからだ。

米国に存在する「テレビの壁」

せっかくApple TVやiPadにスポーツチャンネルのアプリがあるにも関わらず、これらを有効化するにはケーブルテレビの契約のログインとパスワードが必要となる。有料でも良いから、アプリ内でイベント期間中だけ見たいと思っても、その方法がないのだ。

ここに、視聴体験のネット化が進む中で米国存在する、テレビの壁が存在する。もちろんこの要望は、Netflixのように自由で安い視聴を体験してしまったネット側のユーザーの意見だ。放送権の取得など「なぜその中継がテレビで流れるか」というビジネスへの理解も必要となる。しかし何らかの方法を用意しても良いのではないだろうか。

もしもAppleがテレビに取り組むとしたら、iTunes Radioのように、iTunes上のドラマや映画のカタログを背景としたNetflixに対抗するサービスも視野に入るだろう。しかしそれ以上に、既存のテレビ、あるいはケーブルテレビでの視聴体験にメスを入れることにも期待している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT