上陸!「ネットフリックス」は何がすごいのか

強みは「コンテンツそのもの」に移行

これは筆者も米国で暮らしていてふと思うのが、「はたして自分は、100ドル分のテレビを毎月見ているだろうか」ということ。後述する理由でケーブルテレビを解約できずにいるが、NetflixもしくはHulu Plusを契約しながら、自分の好きなときにドラマを見るスタイルへと切り替えた。

現在米国では、Netflixの他に、Hulu Plus、Amazon Instant Videoといったサービスがストリーミングビデオを提供している。ちなみにAmazonの映像配信サービスは、Amazon.comでの買い物で2日配送が無料になる「Amazon Prime」に付帯してくる。

各サービスともにサービスの方式や視聴環境は大差ない。NetflixとAmazonは4Kコンテンツを少しずつ拡充し始めているが、テレビや再生環境がまだないため、筆者にとってはあまりメリットになっていない。

魅力は変わりつつある

ではNetflixとHulu Plusをどのように選ぶか。

多くの人々が、ドラマやドキュメンタリーシリーズのラインアップで選ぶことになる。しかも、テレビで放送され話題となったコンテンツだけでなく、各サービスがオリジナルで制作するドラマが面白くなってきた。

現在Hulu Plusを選んでいる理由は、「The Wrong Mans」や「Behind The Mask」、「Deadbeat」といった、Huluオリジナルのドラマを見たかったからだ。Netflixにも大ヒットとなった「House of Card」「Orange Is The New Black」がある。

とくにAmaoznで放映した、トランスジェンダーをテーマとしたオリジナルドラマ「Transparent」は印象的だった。トランスジェンダーであることを告白した父親とその家族の葛藤を描いた作品だ。

2015年1月に授賞式が行われた第72回ゴールデングローブ賞のテレビ・コメディ・ミュージカル部門で、作品賞と男優賞を受賞した。Amazonとしてゴールデングローブ賞を受賞したのは初めてのことで、ネット配信とはいえ、作品の競争力が高まっていることがわかる。

次ページ安さからコンテンツ勝負へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT