テレビ震撼!「ネットフリックス上陸」の衝撃

映像ビジネスの枠組みが変わるきっかけに

ネットフリックスの創業者、リード・ヘイスティングス氏。彼は、もともとネット企業を目指していたわけではなかった(写真:ロイター/アフロ)

動画配信で世界最大5700万人の会員を有する米ネットフリックスは、2016年末までに200カ国(現在は50カ国)に拡げていくことを、1月にアナウンスしていた。・・・ということは、いよいよ日本にもやってくるのではないかと噂されていたが、2月4日、日本向けサービスを2015年秋に開始することを発表した。

スタート時点ではハリウッド作品や、ネットフリックスの独自制作によるプレミアムな映像作品(ドラマやドキュメンタリ、映画などがある)を楽しめるほか、日本のテレビシリーズや映画も含まれるという。

回線品質が高い日本はビジネス的に有利

同社では日本のブロードバンド接続世帯数を約3600万世帯と見積もっている。これは中国の約1億9000万世帯、米国の約9200万世帯に次ぐ規模とのことだが、さらに1世帯あたりの回線品質が高いことも、ネットフリックスにとっては有利に働くだろう。

日本語のページも開設された

また、世界中のテレビメーカーが北米で人気のネットフリックスへの接続機能を製品に搭載している点も見逃せない。ネット接続機能を持つテレビ受像機の中には、ネットフリックス対応のアップデートを行うものも出てくるだろう。ブルーレイプレーヤ/レコーダ、ゲーム機などもネットフリックス再生機能を持つものが多数ある。

次ページ米国内のトラフィックのうち32~35%を占有
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。