バルミューダのトースターは何がスゴイのか

調理器具ひとつで味が変わってしまう

今回注目する商品は、バルミューダの「ザ・トースター」(写真:バルミューダ)
当連載は最新ガジェットの魅力を紹介するコーナー。当該企業からの貸出機や自費で購入した機器を実際に使用。その結果、魅力度が高かった製品をレビューしていく。

 

調理器具ひとつで味が変わってしまうーー。そんな例は数え切れないほどあるが、中でも主食にかかわる製品には目がないのが筆者だ。炊飯器ひとつとってみても、その味の違いたるや……っと、今回はしかし炊飯器ではない。紹介したいのはバルミューダの販売する「ザ・トースター」という、そのものズバリのネーミングがされた商品だ。実はトースターという製品には、個人的な思い入れもある。

食パンをスリットに差し込んで電気ヒーターで加熱。一定温度まで上昇するとスプリングで食パンが跳ね上がる、旧式のトースターを経験した人たちは、おそらく40代以上だろう。しかし、旧式ながらも表面がカリッと仕上がった焼きたてのトーストが忘れられないという人も多いはず。

筆者自身、スペース効率も考え、結婚した直後はオーブン・トースター・レンジという、複合機の塊のような商品でトーストを焼いていた。が、それも90年代のこと。今から20年前のオーブン・トースター・レンジで焼くトーストは、とても旧式トースターの味に及ばなかった。

クイジナートのトースターも良かった

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

そんな中、最初に我が家に迎えたのは米クイジナートのトースターだ。ベーグルも焼ける極厚食パンも入るスリットは、実は左右からパンを挟む構造で、挟み込むホルダー部にヒーターが取り付けられていた。つまり、パン表面とヒーターの距離を一定に保つことで、焼き上がり品質が均一になるよう工夫されていたというわけ。

しかし、そんなクイジナートのトースターも寿命を迎え、次に我が家に入ってきたのがパナソニックのNB-G130という商品。現在は改良が進んでNB-DT50という型番になっている。

次ページパナソニックのトースターは何がすごいのか
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。