日本のワークチェア、ここまで進化していた

「インスパイン」は何が優れているのか

コクヨのワークチェア「インスパイン」
当連載は最新ガジェットの魅力を紹介するコーナー。当該企業からの貸出機や自費で購入した機器を実際に使用。その結果、魅力度が高かった製品をレビューしていく。

 

体に負担がかからない「よくできた椅子」はどれか。多くのオフィスワーカーにとって、これは大きなテーマではないだろうか。筆者の場合、デスクワークが多いため、椅子は極めて重要。しかも、長年愛用してきたMARTIN STOLLというドイツ製のワークチェアが耐久性の限界に近づいてきたこともあり、本気で新しい椅子を探してみた。

オフィスワーカー向けの高級ワークチェアといえば、実績面ではハーマン・ミラーが圧倒的な存在感を示す一方、国産メーカーではオカムラが圧倒的な人気を誇っている。そこに続くのがイトーキだろう。

高級ワークチェアは一度購入すると、長い間使い続けるものだ。これまで使っていた椅子は、ドイツらしい質実剛健な作りで、壊れることなく18年も支えてくれた。では次の10年を支えてくれる椅子には何が相応しいのか。

コクヨはワークチェアで3番手

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

ワークチェアを取材したことがある知人のアドバイスにも耳を傾けながら、ショールームへ赴いたり、メーカーにメール取材などを行った結果、辿り着いたのがコクヨが昨年発売した「インスパイン」という椅子だ。

コクヨはワークチェアの市場でナンバー3の位置にいるが、オカムラの存在感が大きく、またイトーキが女性向けに特化したワークチェアなど、創意工夫と企画力で特徴を出していることもあり、高級ワークチェアメーカーの選択肢としては、あまりなじみがないという読者もいるだろう。筆者自身もそう考えていた。

次ページ最初の印象は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。