癒されるラジコンロボットは何がスゴイのか スターウォーズの世界を実体験できる!

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小
昨年9月に発売されて以来、売り切れ続出の人気のミニロボット、Sphero社の「BB-8」(写真:Spheroのホームページより)
当連載は最新ガジェットの魅力を紹介するコーナー。当該企業からの貸出機や自費で購入した機器を実際に使用。その結果、魅力度が高かった製品をレビューしていく。

 

年初にネバダ州のラスベガスで開催された家電の展示会「International CES」。このイベントでは毎年、本展示を控えて注目のハードウェアベンチャーが集められる「Unvailed」というイベントが開催される。今年、このイベントでひときわ来場者を癒やしていたのが、展示台の上を駆け巡るSphero社の「BB-8」だ。

「BB-8」は日本でも昨年9月に発売されて以来、”静かなブーム”どころか売り切れ続出の大人気を集めてきたミニロボット。日本での価格は税込み2万1384円と決して安いとはいえないが、同種のガジェットと比べてもユニークな点が数多くある。

商品分類は「ラジコン」

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

何より驚かされるのが、映画のシーンそのままとも言えるような、コミカルな動きを見事に再現していること。頭部を上部においたまま、球体の本体部の外装自身が回転して、360度あらゆる方向に”転がって”いく。

内部にはジャイロスコープと外郭部を駆動するモーターが収められており、頭部はマグネットで装着する仕組み。と言えば簡単だが、その動きの見事さにはスターウォーズファンならずとも、誰もが納得するはずだ。

この製品、商品の分類は”ラジコン”となる。電子機器同士の省電力なデジタルネットワークを構成するBluetooth技術を用いてスマートフォンと接続。スマホアプリを用いてリモートコントロールする。

次ページどのような機能がある?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT