スター・ウォーズ好きが「海老名」に行くワケ

ルーカスお墨付き「THXサウンド」の威力

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を上映するイオンシネマ海老名にはTHXシステムを設置したスクリーンがある

全世界の映画館が、2015年12月18日18時30分が来るのを待ち望んでいた。

2012年、ディズニーが40億ドル(約4850億円)という破格の値段でルーカスフィルムを買収したというニュースは世間を大きく騒がせたが、これによって、作られることはないと思われた『スター・ウォーズ』シリーズの続編が作られることになった。

日本では全国370館で公開

コアなファンは思い思いのコスプレ衣装で劇場に

そして、およそ10年ぶりとなる最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、全世界で一斉に公開された。日本では全国370館で公開され、TOHOシネマズ六本木ヒルズでは9スクリーンすべてをジャックするという熱の入れよう。11月18日のチケット先行販売日には、販売サイトのサーバーがダウンする劇場が相次ぐなど、公開初日・初回のチケットはファンのみならず、一般の観客を巻き込んでの争奪戦となった。

公開前からその熱狂ぶりが伝えられてきた本作だが、12月18日の18時30分前にはチケット争奪戦を勝ち抜き、運よくチケットを入手できたファンが各地の劇場に集合。シリーズ再始動というその歴史的な瞬間に立ち会うために、中にはダースベイダーやストーム・トルーパーなど思い思いのコスプレ衣装で鑑賞するコアなファンもいた。

次ページ最近の映画鑑賞のトレンド
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング