スター・ウォーズの緻密すぎるファン育成術

マニアの愛を原動力に変えるビジネス戦略

2年に1度開催される公式ファンイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」に、今年は4日間でのべ4万5000人ものファンが参加した

ソーシャルメディアの時代になっても、ハリウッドにはいまだにファンを動物園の動物だと思っている映画会社がある。クールな映画人がエサをやろう、消費者を操るのは朝飯前、というわけだ。コアなファンを正しく理解している映画会社もあるが、ファンに関するビジネス戦略は未熟だ。

そんな彼らの手本が「スター・ウォーズ」だ。

今やあらゆる種類の映画にとって、ファンのコミュニティを形成してコントロールすることが成功のカギを握る。

「スター・ウォーズ」シリーズを制作するルーカスフィルムはその達人だ。大半の大手スタジオと違って、ファン対応の専門部署がある。担当者は手書きのファンレター(今も幼いファンを中心にたくさん届く)に返事を書き、6つのソーシャルメディアに毎日、特ダネを流す。発信する情報は1カ月前から準備されている。

銀河帝国のコスプレイベントには約4万5000人が参加

イベントの参加者たち

彼らの最も重要な仕事は、1年おきに開催される公式ファンイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」だ。10回目の今年は4月16日から4日間にわたって行われ、のべ4万5000人のジェダイやウーキー(チューバッカの種族)、ストームトルーパー(銀河帝国軍の機動歩兵)が集結した。

「徹夜で並んでくれた人はどのくらいいるの?」ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は、アナハイムのコンベンションセンターを埋め尽くしたファンに呼びかけた。

客席がどっと沸いた。会場の入口には開門の28時間前、16日の午前5時から行列ができた。彼らの忠誠心に感謝して、夜遅くに200枚のピザが配られた。

次ページ30時間以上のインターネット生中継も!
人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。