「全盛期のソニー」を感じるヘッドホンの実力

エンジニアの魂が込められている商品

「MDR-Z7」の実力とは?
当連載は最新ガジェットの魅力を紹介するコーナー。当該企業からの貸出機や自費で購入した機器を実際に使用。その結果、魅力度が高かった製品をレビューしていく。

 

キャッシュフローの大きい映像事業や映画・音楽事業、最近であれば金融などに比べ、オーディオ事業は、ソニーの事業ポートフォリオの中で目立つ存在とは言えないかもしれない。しかし、振り返ってみるとかつて”ソニーらしい”と言われた製品には、オーディオ製品が多い。

週刊東洋経済本誌で、今なお残るソニーならではの製品をいくつかピックアップしてほしいとの依頼があった(1月30日号)。その中でも1つだけ取り上げるとしたら、今回紹介する製品「MDR-Z7」だ。

全盛期のソニーを想起させる商品

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

”ヘッドホン”はもともとソニーが得意としてきた商品ジャンルだ。ヘッドバンドで固定するいわゆるヘッドホンは言うに及ばず、イヤホンを高音質・ステレオ化して普及させたのもソニーだ。数年前まではカジュアルさやデザインの斬新さに傾倒しすぎではないかと思う時期もあったがMDR-Z7は全盛期のソニーを想起させる商品に仕上がっている。

ソニーに限らず、日本のオーディオ&ビジュアル製品メーカーは”音や映像の質”という、感性に触れる領域に商品性を見いだしつつも、しかし量産製品として安定した質を購入しやすい価格で提供するところに価値を見いだしてきた。

そうした中にも高価な製品もあれば、低価格な製品もあるため一概には言えないが、これはそう簡単なことではない。とりわけ音質は、CADや測定技術が発達した現在でも、実際に音を出し、エンジニアがその音を感じてより良い音質へのチューニングを施していかねばならない。

次ページソニーのオーディオが復活の狼煙を上げたきっかけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT