「手書きのデジタル化」は、ここまで進化した

ビジネスシーンにも使えるかも・・・

ワコムの「Bamboo Spark」は、手書きをデジタル変換してクラウド上で保存できるスグレモノだ
当連載は最新ガジェットの魅力を紹介するコーナー。当該企業からの貸出機や自費で購入した機器を実際に使用。その結果、魅力度が高かった製品をレビューしていく。

 

スケジュール管理などに手帳を使う“アナログ派”と手帳を使わない“デジタル派”。昔はアナログ派が圧倒的に多かったが、スマートフォンやタブレットの普及、あるいはモバイル型ノートパソコンの普及によって、デジタル派が優勢になってきているようだ。

しかしながら、“アイデアをメモとしてまとめる”用途には、まだまだアナログが圧倒的に優勢なのではないか。仕事の中でノートを使い、そこにメモをたくさん取っている人であれば、考えてほしいデバイスが今回紹介するワコムの「Bamboo Spark」だ。

どうしても残ってしまう「手書き」

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

筆者のようにあらゆることを文章化することを前提に仕事をしていると、たいていのメモは文章としてパソコンに残した方が速い。インタビューなどをしているときもノートではなくパソコンを使っている。

しかし、同じ“メモ”と言っても言語化できないことも少なくない。デザインスケッチなどはもちろん、ビジネスモデルのアイデアなど構造や手順に関するアイデアは言語では簡潔に考えをまとめることができない。

かくして筆者の場合、ノートパソコンで文章を書き留めながら、そこから派生するアイデアを思いつくと、おもむろに手近な紙にアイデアをしるすというメモの取り方を長年やってきた。皆さんの中にもデジタルとアナログを、自分なりに使い分けている方がいるのではないだろうか。

ところがデジタルとアナログのメモは、混在させて管理することが難しい。

次ページデジタルとアナログをうまく管理するには?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT