速報!アップル「新iPad」は何がスゴいのか

「教科書の再発明」に向けて299ドルに設定

ハンズオンの様子(筆者撮影)

アップルは教育市場向けに向けた新製品、新アプリなどを米イリノイ州シカゴ市北部にあるLane Tech College Prep High School(名門大学を目指す進学私立準備校)で発表した。

学校向けには299ドルで提供

プレゼンテーションをするティム・クックCEO(筆者撮影)

新製品はA10 Fusionを搭載しながらも低価格を実現したiPad。9.7インチiPadとしては、初めてApple Pencilに対応。価格が329ドルからだが、学校向けには299ドルのディスカウント価格で提供する。

新プロセッサーを搭載することで、iPhone 8シリーズやiPhone Xと同様に高精度のAR機能に対応し、これを用いた学習向けアプリの開発を可能にするなど、iOS11の機能を活用した教育機関向け機能を披露した。

またiWorkの各種アプリケーションや音楽作成ソフトのGarage Band、アニメーショ制作アプリのClipsを改良し、教材開発を容易にするとともに、カリキュラムの進捗管理アプリの強化、あるいは宿題を電子的に出し管理するとった新アプリを提供する。

さらには写真、動画、アプリ、ドローイングといったクリエイティブな作業を、教師がクラスの生徒たちと一緒に作っていくため、それぞれに対応するiPad用アプリを教育機関向けに設計されたカスタマイズを加え、今年秋にリリースすることも発表している。

次ページ伝統的に教育市場を重視
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。