速報!アップル「新iPad」は何がスゴいのか

「教科書の再発明」に向けて299ドルに設定

ハンズオンの様子(筆者撮影)

アップルは教育市場向けに向けた新製品、新アプリなどを米イリノイ州シカゴ市北部にあるLane Tech College Prep High School(名門大学を目指す進学私立準備校)で発表した。

学校向けには299ドルで提供

プレゼンテーションをするティム・クックCEO(筆者撮影)

新製品はA10 Fusionを搭載しながらも低価格を実現したiPad。9.7インチiPadとしては、初めてApple Pencilに対応。価格が329ドルからだが、学校向けには299ドルのディスカウント価格で提供する。

新プロセッサーを搭載することで、iPhone 8シリーズやiPhone Xと同様に高精度のAR機能に対応し、これを用いた学習向けアプリの開発を可能にするなど、iOS11の機能を活用した教育機関向け機能を披露した。

またiWorkの各種アプリケーションや音楽作成ソフトのGarage Band、アニメーショ制作アプリのClipsを改良し、教材開発を容易にするとともに、カリキュラムの進捗管理アプリの強化、あるいは宿題を電子的に出し管理するとった新アプリを提供する。

さらには写真、動画、アプリ、ドローイングといったクリエイティブな作業を、教師がクラスの生徒たちと一緒に作っていくため、それぞれに対応するiPad用アプリを教育機関向けに設計されたカスタマイズを加え、今年秋にリリースすることも発表している。

次ページ伝統的に教育市場を重視
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT