iPhone、3月27日に登場する機種は何なのか

アップルがシカゴで発表する内容を大胆予測

小型画面の「iPhone SE」が刷新される可能性も(筆者撮影)

アップルは3月27日、米国イリノイ州シカゴにあるLane Tech Collage Prep High Schoolでスペシャルイベントを開催することをメディアに告知した。

アップルが発送した招待状(画像:アップル)

招待状には手書きでアップルロゴと「Let’s take a field trip.」とのタイトルが書かれており、「教員・学生向けの創造的な新しいアイデア」が披露されることを案内している。そのことから、教育イベントであることがわかる。

アップルは2017年、本社があるカリフォルニア州クパティーノにApple Parkを開設し、同年9月のiPhone発表イベントではスティーブ・ジョブズ・シアターでイベントを開催した。しかし今回はシカゴでの開催となっている。

アップルは今回のイベントをなぜシカゴで開催するのか。またどんな発表が期待できるのか。

シカゴで開催する理由とは?

アップルが教育イベントを開催するのは2012年以来となる。6年前のイベントは1月に、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館で開催された。この際は、iBooks 2による電子教科書配信システム、電子教科書編集アプリ「iBooks Author」、ビデオ授業の配信と録画が行える「iTunes U」が発表された。

今回のアップルのイベントも、教育に関連するプラットフォームが主題となる可能性が高いが、「アップル」「教育」「シカゴ」と結び付ける理由は、プログラミング教育だ。

次ページ2017年12月に発表したこととは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。