iPhone、3月27日に登場する機種は何なのか

アップルがシカゴで発表する内容を大胆予測

小型画面の「iPhone SE」が刷新される可能性も(筆者撮影)

アップルは3月27日、米国イリノイ州シカゴにあるLane Tech Collage Prep High Schoolでスペシャルイベントを開催することをメディアに告知した。

アップルが発送した招待状(画像:アップル)

招待状には手書きでアップルロゴと「Let’s take a field trip.」とのタイトルが書かれており、「教員・学生向けの創造的な新しいアイデア」が披露されることを案内している。そのことから、教育イベントであることがわかる。

アップルは2017年、本社があるカリフォルニア州クパティーノにApple Parkを開設し、同年9月のiPhone発表イベントではスティーブ・ジョブズ・シアターでイベントを開催した。しかし今回はシカゴでの開催となっている。

アップルは今回のイベントをなぜシカゴで開催するのか。またどんな発表が期待できるのか。

シカゴで開催する理由とは?

アップルが教育イベントを開催するのは2012年以来となる。6年前のイベントは1月に、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館で開催された。この際は、iBooks 2による電子教科書配信システム、電子教科書編集アプリ「iBooks Author」、ビデオ授業の配信と録画が行える「iTunes U」が発表された。

今回のアップルのイベントも、教育に関連するプラットフォームが主題となる可能性が高いが、「アップル」「教育」「シカゴ」と結び付ける理由は、プログラミング教育だ。

次ページ2017年12月に発表したこととは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?