iPhoneの充電、ぐんと高速化する簡単裏技

まずは充電器を「iPad用」に替えるのが鉄則

ちょっとしたコツでiPhoneを今よりももっと速く充電できるようになる(写真:筆者撮影)

寝る前にうっかり充電するのを忘れてしまい、いざiPhoneを使おうと思ったら、バッテリーがほとんど残っていない――こんな経験はないだろうか。仕事中に充電できず、気づいたときには、すでにバッテリーがゼロになりかけていたという人もいるかもしれない。

かく言う筆者も、1年のうち何回かは充電を忘れてしまい、出先でコンセントなどを探すことがある。いくらiPhoneが高性能でも、バッテリーがなければ文鎮と同じ。外出時など次にいつ充電できるかわからないときは、できるだけバッテリーは100%に近づけておきたいところだ。モバイルバッテリーを持ち運ぶという手もあるが、荷物が増えるうえに、普段使っていないと、そのモバイルバッテリー自体が空になっていることもある。

外出までに時間があれば、それまでの間だけ充電することはできる。ただ、通常の充電方法だとゼロから満充電までには、iPhone 7で2~3時間はかかってしまい、10分程度だとバッテリーが10%増えるかどうかといったところだ。逆に言えば、この時間を短縮できれば、もしうっかり充電を忘れてしまっても、よほど直前でなければリカバリーすることができる。今回は、そんな失敗を未然に防げる、「高速充電」の裏技を紹介していこう。

1.充電器をiPad用のものに変更する

この連載の一覧はこちら

iPhoneの本体に付属しているUSB式の充電器は、シンプルかつコンパクトで使い勝手がいいが、一方で、充電器としての性能はあまり高くない。電圧5V、電流1Aの5W出力という仕様は、日本で最初に発売されたiPhone 3Gの頃から、まったく変わっていない。その間、iPhoneは本体サイズの大型化に伴い、バッテリーの容量も上がり、公式には非公開ながら、iPhone 7では1960mAh(ミリアンペア時)、iPhone 7 Plusでは2900mAhのバッテリーを搭載していると言われている。

iPhone 3Gでは1150mAhだったため、iPhone 7で2倍弱、iPhone 7 Plusで3倍弱の容量になっているにもかかわらず、給電のための充電器の仕様はずっと同じなのだ。これでは、バッテリーが満タンになるまでに、時間がかかってしまうのは仕方がない。一方で、iPhone側の仕様は、より出力の大きな充電器を受け入れられるようになっている。つまり、充電器を替えてしまえば、より高速に充電できるというわけだ。

次ページiPad用充電器を使ってみる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT