女子高生のiPhoneはなぜ割れたままなのか

「かわいい」に敏感な彼女たちだが…

LINEは好みの画面に「着せかえ」するが、スマホの画面はボロボロの女子高生たち(筆者撮影)
LINEやSNOWなどのコミュニケーションツールを愛用する女子高生ですが、割れたスマホをそのまま使っている姿を電車の中や街中でよく見かけます。しかも、スマホの角が欠けているといった程度ではなく、画面中央まで大きくヒビが入っているスマホも多いのです。おしゃれに余念のないはずの女子高生がなぜスマホは割れたままなのか、人気のスマホケースもご紹介しつつ解説します。

「かわいい」に敏感なはずだが……

この連載の一覧はこちら

女子高生たちはおしゃれが大好き。だから女子高生のインフラであるLINEも好みの画面に変更します。そう、彼女たちのほとんどが「着せかえ」を設定しているのです。着せかえとは、LINEの画面デザインをまるごと変えてしまう機能で、無料、有料のどちらもあります。着せかえを利用していなくても、トークルームの背景画面を相手に合わせたお気に入り画像に設定しています。自分がLINEを開いたときに気分が上がることがいちばんの理由ですが、「スクショ(スクリーンショット)」を人に見せる機会が多いこともあるでしょう。女子高生たちは「友だち」と盛り上がったトークや彼氏の優しい言葉を頻繁にスクショで撮り、LINEやTwitterに拡散します。少しでもかわいい画面にしておきたい気持ちはよくわかります。

それだけ「かわいい」に敏感なはずの女子高生ですが、スマホの画面はバキバキに割れたままのことが多いのです。まず、なぜ割れてしまうのかを女子高生たちに聞いてみました。

次ページ最も多い理由は……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。