女子高生のiPhoneはなぜ割れたままなのか

「かわいい」に敏感な彼女たちだが…

LINEは好みの画面に「着せかえ」するが、スマホの画面はボロボロの女子高生たち(筆者撮影)
LINEやSNOWなどのコミュニケーションツールを愛用する女子高生ですが、割れたスマホをそのまま使っている姿を電車の中や街中でよく見かけます。しかも、スマホの角が欠けているといった程度ではなく、画面中央まで大きくヒビが入っているスマホも多いのです。おしゃれに余念のないはずの女子高生がなぜスマホは割れたままなのか、人気のスマホケースもご紹介しつつ解説します。

「かわいい」に敏感なはずだが……

この連載の一覧はこちら

女子高生たちはおしゃれが大好き。だから女子高生のインフラであるLINEも好みの画面に変更します。そう、彼女たちのほとんどが「着せかえ」を設定しているのです。着せかえとは、LINEの画面デザインをまるごと変えてしまう機能で、無料、有料のどちらもあります。着せかえを利用していなくても、トークルームの背景画面を相手に合わせたお気に入り画像に設定しています。自分がLINEを開いたときに気分が上がることがいちばんの理由ですが、「スクショ(スクリーンショット)」を人に見せる機会が多いこともあるでしょう。女子高生たちは「友だち」と盛り上がったトークや彼氏の優しい言葉を頻繁にスクショで撮り、LINEやTwitterに拡散します。少しでもかわいい画面にしておきたい気持ちはよくわかります。

それだけ「かわいい」に敏感なはずの女子高生ですが、スマホの画面はバキバキに割れたままのことが多いのです。まず、なぜ割れてしまうのかを女子高生たちに聞いてみました。

次ページ最も多い理由は……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。