女子高生のiPhoneはなぜ割れたままなのか

「かわいい」に敏感な彼女たちだが…

LINEは好みの画面に「着せかえ」するが、スマホの画面はボロボロの女子高生たち(筆者撮影)
LINEやSNOWなどのコミュニケーションツールを愛用する女子高生ですが、割れたスマホをそのまま使っている姿を電車の中や街中でよく見かけます。しかも、スマホの角が欠けているといった程度ではなく、画面中央まで大きくヒビが入っているスマホも多いのです。おしゃれに余念のないはずの女子高生がなぜスマホは割れたままなのか、人気のスマホケースもご紹介しつつ解説します。

「かわいい」に敏感なはずだが……

この連載の一覧はこちら

女子高生たちはおしゃれが大好き。だから女子高生のインフラであるLINEも好みの画面に変更します。そう、彼女たちのほとんどが「着せかえ」を設定しているのです。着せかえとは、LINEの画面デザインをまるごと変えてしまう機能で、無料、有料のどちらもあります。着せかえを利用していなくても、トークルームの背景画面を相手に合わせたお気に入り画像に設定しています。自分がLINEを開いたときに気分が上がることがいちばんの理由ですが、「スクショ(スクリーンショット)」を人に見せる機会が多いこともあるでしょう。女子高生たちは「友だち」と盛り上がったトークや彼氏の優しい言葉を頻繁にスクショで撮り、LINEやTwitterに拡散します。少しでもかわいい画面にしておきたい気持ちはよくわかります。

それだけ「かわいい」に敏感なはずの女子高生ですが、スマホの画面はバキバキに割れたままのことが多いのです。まず、なぜ割れてしまうのかを女子高生たちに聞いてみました。

次ページ最も多い理由は……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT