20代女性を虜にするアパレルブランドの正体

マッシュホールディングスは何がスゴいのか

新宿ルミネ2にあるスナイデルの店舗(写真:マッシュホールディングス)

「若い女性の好みが把握しにくくなった」とアパレル業界で言われるようになって久しい。現在20歳の1996年生まれの出生数は120万6555人で、43歳の1973年生まれは209万1983人。単純に人数がほぼ半減しているから、大きな固まり(流行)が見えにくいというのはあるが、それ以上に情報と選択肢がたくさんありすぎて、おのおのの「カワイイ」が分散化している現状がある。ゆえに、売れるブランドや商品を企画するのが、これまで以上に難しいのだ。

そんな中にあって、20~30代女性の心をわしづかみにし、年率2ケタの勢いで業績を伸ばしているアパレル企業がある。「スナイデル」など複数のレディースのファッションブランドを中心に展開するマッシュホールディングスだ。2016年8月期の売上高は581億円と、前年比21%拡大。80店舗の出店投資と本社移転の投資が重なり、営業利益率こそ2015年8月期の12.3%からマイナスとなったものの、2017年8月期は売上高700億円を見込む。ヒットブランドや商品が生まれにくいと言われている時代に、どうやって女性の消費欲をかき立てているのだろうか。

「経験なし」「人脈なし」でアパレル業へ進出

マッシュはもともとコンピュータグラフィックス(CG)を手掛ける企業として1998年に創業し、2005年にアパレル業へ進出した。「CGで培った表現力やデザイン力を生かして、手持ちの資金で始められる事業はないか、と考えた末に思いついたのがアパレルだった」と近藤広幸社長は振り返る。

当時は、雑誌『CanCam』などに掲載されるいわゆる“赤文字系ブランド”と、SHIBUYA109に代表されるギャル系のブランドの2つが強かった時代。赤文字系、ギャル系、モード系など、カテゴリが明確にすみ分けされていたが、近藤社長は、その隙間で勝負できないかと考えた。

そして立ち上げたのが、“ストリートフォーマル”というコンセプトの下、ストリートのカジュアルさに女性的なテイストを加えたブランド、「スナイデル(snidel)」だ。

展示会もせずに、いきなり表参道の裏通りに1号店を出店したが、鳴かず飛ばずで1年後に渋谷マルイへ移転。移転後もしばらく低空飛行が続いたが、半年後、レースのトップスにヒョウ柄のコートを合わせた甘辛ミックスなコーディネートが評判となり、爆発的に売れ始めた。男性目線の“モテ”ではない、女性自身が「カワイイ」と思えるファッションを提案する『sweet』など青文字系雑誌の時代が到来し、そうした流れにいち早く対応していたスナイデルは、“青文字川”の流れにうまく乗ったのだ。

次ページ若い女性の心をつかむ戦略とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT