ユニクロ、「感謝祭」でも物足りない回復度

大型セールでも消費低迷を跳ね返せず

ユニクロの渋谷道玄坂店。販売強化へ店舗の大型化も進める(記者撮影)

大型セールの効果はいま一歩だった。

ファーストリテイリングは2日、衣料品店「ユニクロ」の11月の国内既存店売上高が前年同月比7.3%増だったと発表した。前年同月比でプラスになるのは4カ月ぶり。先月は1カ月間を通して気温が低く、オーバーサイズのニットやダウンなど、比較的高単価の商品、重衣料が牽引した。

ユニクロでは毎年11月、大型セール「感謝祭」を実施している。11月と12月はユニクロにとって売り上げ規模の多い月で、感謝祭セールは「会社の総力を挙げて取り組む」(ファーストリテイリングコーポレート広報部)。それだけに11月の売上高の結果が注目を集めていた。

同社にとっての朗報は、小売業の人気のバロメーターである客数が回復傾向にあることだ。ユニクロは今年2月以降、毎日買いやすい価格に商品を値下げするEDLP(エブリデイ・ロー・プライス)戦略に舵を切っている。その効果がじわり現れており、今2017年8月期に入ってから客数が3カ月連続で前年同月比を上回った。11月の感謝祭セールはその低価格路線の効果を確認するとともに、消費者への認知を高めるイベントとして重要な位置づけだった。

一昨年の水準には届かず

だが、柳井正ファーストリテイリング会長兼社長は、11月の数字に満足していないはずだ。ユニクロは昨年、主力商品を1割以上値上げした価格戦略の失敗と暖冬が重なり、11~12月の売り上げが大失速した。それが前期の3度に渡る下方修正と、大幅な減益決算の要因となった。

つまり、前年同期比7.3%増は一見高い数字に見えるが、前年のハードルが低いだけなのだ。実は一昨年の11月と比べると、まだその水準には届いていない。

次ページ今年の「感謝祭」の中味は?
人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。