「ディズニー」へ「ユニクロ」が出店したワケ

国内は「低価格」路線へ復帰、その成否は?

米国フロリダのディズニー・ワールドへ出店したユニクロ。7月15日の開業前には約200人が並んだ

7月15日午前10時(現地時間)、米国フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに、ユニクロの店舗がオープンした。

2フロア、約700坪(2300平方メートル)という大型店。入場券の必要がない商業施設ディズニー・スプリングスへの出店だ。同施設には、ZARAをはじめ、70以上のアパレルブランドも出店している。

中南米人へ認知度アップ

狙いは、米州におけるブランド発信だ。

ユニクロにとって、ディズニー・スプリングス店は、米国南東部初の店舗。フロリダという立地上、メキシコやブラジルなど中南米から訪れる観光客も見込める。ユニクロがまだ出店していない中南米の人にも、ユニクロブランドを認知してもらい、国際的な知名度を向上させたい。

そのため、取り扱う商品も独特だ。通常のライフウェアにとどまらず、日本発のブランドであることを表現するために、浴衣やうちわ、歌舞伎柄のTシャツなども販売する。

次ページ米国で大型投資をした理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。