「ディズニー」へ「ユニクロ」が出店したワケ

国内は「低価格」路線へ復帰、その成否は?

米国フロリダのディズニー・ワールドへ出店したユニクロ。7月15日の開業前には約200人が並んだ

7月15日午前10時(現地時間)、米国フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに、ユニクロの店舗がオープンした。

2フロア、約700坪(2300平方メートル)という大型店。入場券の必要がない商業施設ディズニー・スプリングスへの出店だ。同施設には、ZARAをはじめ、70以上のアパレルブランドも出店している。

中南米人へ認知度アップ

狙いは、米州におけるブランド発信だ。

ユニクロにとって、ディズニー・スプリングス店は、米国南東部初の店舗。フロリダという立地上、メキシコやブラジルなど中南米から訪れる観光客も見込める。ユニクロがまだ出店していない中南米の人にも、ユニクロブランドを認知してもらい、国際的な知名度を向上させたい。

そのため、取り扱う商品も独特だ。通常のライフウェアにとどまらず、日本発のブランドであることを表現するために、浴衣やうちわ、歌舞伎柄のTシャツなども販売する。

 
次ページ米国で大型投資をした理由
人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。