ABCマート、女子に人気のスニーカーで爆走

限定モデルをカップルで「お揃いコーデ」

「アディダス スタンスミス」。20代のカップルが「お揃いコーデ」で購入していく

「エアマックス狩り」という言葉まで飛び出した前回のスニーカーブームは1990年代半ばがピークだった。ここ数年は「ニューバランス女子」を火付け役に、新たなスニーカーブームが続いている。

その恩恵を受け、シューズ小売業界1位のABCマートが爆走している。

7月上旬に発表した2016年度第1四半期(3~5月期)決算は、売上高が前年同期比で5%近く増え、純利益は同22%増の96億円と、第1四半期として過去最高益を叩き出した。

14期連続の増収増益達成に向け、上々のスタートを切った形だ。

高単価品が売れている

前回のスニーカーブームは「ナイキ」のハイテクスニーカーが主役だった。中でも衝撃吸収性能を一段と高めた「ナイキエアマックス95」は、履いた人が少年達から襲われ、奪い取られるという「エアマックス狩り」が起きるほど、一部の層に熱狂的な人気を博した。

だが今回のブームは「ナイキ」に限らず、「アディダス」や「ニューバランス」など、幅広いブランドの1万円前後の高単価スニーカーが売れている。裾野が広がっているのだ。

次ページ愛好者が増えたワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。