ABCマート、女子に人気のスニーカーで爆走

限定モデルをカップルで「お揃いコーデ」

「アディダス スタンスミス」。20代のカップルが「お揃いコーデ」で購入していく

「エアマックス狩り」という言葉まで飛び出した前回のスニーカーブームは1990年代半ばがピークだった。ここ数年は「ニューバランス女子」を火付け役に、新たなスニーカーブームが続いている。

その恩恵を受け、シューズ小売業界1位のABCマートが爆走している。

7月上旬に発表した2016年度第1四半期(3~5月期)決算は、売上高が前年同期比で5%近く増え、純利益は同22%増の96億円と、第1四半期として過去最高益を叩き出した。

14期連続の増収増益達成に向け、上々のスタートを切った形だ。

高単価品が売れている

前回のスニーカーブームは「ナイキ」のハイテクスニーカーが主役だった。中でも衝撃吸収性能を一段と高めた「ナイキエアマックス95」は、履いた人が少年達から襲われ、奪い取られるという「エアマックス狩り」が起きるほど、一部の層に熱狂的な人気を博した。

だが今回のブームは「ナイキ」に限らず、「アディダス」や「ニューバランス」など、幅広いブランドの1万円前後の高単価スニーカーが売れている。裾野が広がっているのだ。

次ページ愛好者が増えたワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。