ABCマート、空前のスニーカーブームで疾走

「ニューバランス女子」が火付け役

スポーツとファッションを両立させた新業態の「エースシューズスタジオ」(東京・碑文谷)

靴専門店「ABCマート」を展開するエービーシー・マートが、若い女性を中心としたスニーカーブームを追い風に快走している。2016年2月期は売上高が前期比11.5%増の2381億円、営業利益が同4.7%増の415億円と、13期連続で過去最高益を更新。ブームに乗って都市部を中心に大量出店を続けており、今2017年2月期は14期連続の最高益更新を見込む。

前期の既存店売上高は前期比5.1%増。客数は4.3%減だったものの、客単価が9.9%増と大きく伸びた。「ナイキ」「ニューバランス」「アディダス」など1万円前後する海外有名ブランドスニーカーが人気で、客単価を押し上げた格好だ。

スニーカーは同業他社でも売れているが、ABCマートは付加価値の高い商品を多くそろえるなど、「ワンランク上の価格帯の商品を提案している」(小島穣取締役)ことで差別化。ここ数年、値引きセールなども抑制し、客単価を上げてきている。

今やファッションアイテムの主役

エースシューズスタジオではヨガやフィットネスの需要も取り込む

ブームの火付け役は「ニューバランス」だ。カジュアル系のファッションと合わせやすく履きやすいとして、女性に人気のあるタレントがアピール。数年前から20代~30代の若い女性がこぞって買い求め、「ニューバランス女子」という言葉も生まれた。

もともとスニーカーは男性からの支持が高かったが、そこにおしゃれや見た目を重視した女性向け商品が増えていき、今やスニーカーは、男女問わずファッションアイテムの主役に躍り出ている。

カテゴリー別(単体)に見ると、スニーカーを含むスポーツ部門は前期比19.3%増の959億円と伸長。売上高構成比は55.1%(前期は50.4%)に伸びた。野口実社長は「世界的にスニーカー人気となっている。2足目、3足目を買い求める客は相当いる」と指摘。客層も60代などシニアに拡大しているほか、キッズにも波及。キッズ部門の売上高は前期比14.1%増と大きく上向いている。

次ページ白が基調、シンプルに注目
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。