あの「ポンプ式スニーカー」、人気再燃の深層

20年ぶりヒットに潜むリーボックのDNA

キャットストリートにある「リーボック クラシックストア 原宿」

12月21日午前11時。東京・原宿のキャットストリート沿いにある「リーボック クラシックストア 原宿」。平日にもかかわらず、あるスニーカーを求めて続々と人が吸い込まれていく。彼らの目当ては、この日発売された「フューリーライト」だ。

「シンプルで合わせやすい」と白・黒を2色買いした20代の男性客の足元は、カラフルで存在感のあるスニーカーで固められていた。彼が履いているのは「インスタポンプフューリー」という商品。フューリーライトはその派生商品に当たる。

コロッとしたルックスが特徴のこの靴には、ヒモの代わりにボタンが付いている。このボタンを押すと空気が送り込まれ、足にフィットする仕組み(ポンプシステム)だ。

誕生から20年目に再ヒット

画像を拡大
「インスタポンプフューリー」の初代モデル(右)と「インスタポンプフューリーロード」の初代モデル

インスタポンプフューリーは誕生から20年目を迎えた2014年、初代モデルの復刻版が発売されたことをきっかけに、爆発的にヒットしている。価格は1万円台後半からと比較的高めだが、原宿の直営店では色やサイズの欠品が相次ぐという。

「欠品商品はどこに行ったら買えるのか、という問い合わせが後を絶たない」(竹内史法店長)。スポーツライターの南井正弘氏は「斬新なデザインが、20年を経過した現在も新鮮さを失っていない」と、人気の理由を分析する。

実は、このスニーカーにはリーボックに脈々と受け継がれてきたDNAが息づいている。

次ページポンプ式スニーカーに息づくDNAとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナショックの大波紋
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。