アンダーアーマーは「雑草魂」が支持された

「天賦の才」ではなく「ひたむきな努力」に焦点

近年最も成功したスポーツブランド・アンダーアーマーのブランド確立方法とは?(写真 : stuartjenner / PIXTA)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

スポーツ用品大手のアンダーアーマーは、近年最も成功したスポーツブランドだ。1996年にワシントンDCで、当時23歳だった元大学アメフト選手のケビン・プランク氏(現最高経営責任者)が創業して以来、急成長を遂げた。

米投資銀行大手モルガン・スタンレーのアナリストは、アンダーアーマーが米国内の売り上げでアディダスを追い抜き、世界的に見てもナイキを射程圏内に収めたというレポートを出した。次の10年間で3番目に大きいスポーツ用品企業になると予想する。

なぜアンダーアーマーは急伸したのか

現在、最高執行責任者と最高財務責任者を兼ねるブラッド・ディッカーソン氏が辞任するという報道が流れているため、同社の株価は下落しているが、売り上げは2025年までに200億ドル(約2兆4000億円)に到達する見込みだ。しかも、先月、同社は2018年までに売り上げを倍増させ、75億ドル(約9000億円)を目指すと明らかにするほど、強気だ。

日本でも2014年12月、アディダスが9年続けたプロ野球チーム「読売ジャイアンツ」とのユニフォーム契約を、国内におけるアンダーアーマーの販売権を有する、株式会社ドームが締結。2015〜19年の5シーズンで、総額50億円の大型契約になった。

この「絶好調」アンダーアーマーのブランド確立法を検証しよう。

次ページほかの企業にない「雑草魂」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT