アンダーアーマーは「雑草魂」が支持された

「天賦の才」ではなく「ひたむきな努力」に焦点

「私は私のやりたいようにする」。黒人に対して「閉じられている」バレリーナの世界で成功した、黒人のミスティー・コープランド氏がブランドの努力、競争心といったテーマをアピールする

1996年の創立以来、目まぐるしい成長を遂げているアンダーアーマーだが、起業時からの雑草魂は保ったままだ。これはブランドのポジショニングからも見ることができる。

最適な例は、ミスティー・コープランド氏をフィーチャンリングした「I will what I want(私は私のやりたいようにする)」キャンペーンだ。彼女は、75年に渡るアメリカン・バレー・シアターの歴史のなかで、黒人女性で初めてプリンシ パル・ダンサーになった人物である。

「すばらしい商品以上にブランドが掲げるメッセージは、自身の思いの強さを信じるということだ」と、独立系広告代理店のドローガ・ファイブ(Droga5)でアンダーアーマーを担当するアカウント役員のジュリアン・チーバーズ氏は話す。ドローガ・ファイブは国際広告祭「カンヌライオンズ」の独立系代理店部門を受賞。叩き上げの創業者のもとで急成長しているところは、アンダーアーマーと似ている。

「アンダーアーマーは、ほかの企業にない『アンダードッグスピリット(The Underdog Spirit:雑草魂)』をもっている」とチーバーズ氏は語る。「正直な若い意識と競争心は、両方とも誠実かつ力強い。私たちがアンダーアーマーのために広告を制作しているときは、それらを重要視し、収益につながるようにしている」。

NBAの2014-15年シーズンMVPである3Pシューターのステファン・カリー選手モデル「アンダーアーマー・カリー・ワン・アンダードッグ」。米国で大ヒットしている。(出典:アンダーアーマーホームページ)

この「アンダードッグ」というテーマはそのまま、米バスケットボールNBAのMVPであるステファン・カリー選手のキャンペーンにつながる。高校バスケットでも大学バスケットでも注目されなかったステファン・カリー氏が、NBAのMVPに輝くというストーリーを訴えた。その際に販売された同選手モデルの「アンダードッグ」バスケットシューズ(写真上)の売り上げが好調になるなど、このキャッチコピーはアンダーアーマーを象徴しているかのようだ。

次ページ努力でのし上がる「アンダードッグ」のイメージ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。