ナイキ「速く走れるマラソンシューズ」の衝撃

スポーツ用品の技術革新はどこまでOK?

ナイキの「ズームヴェイパーフライ」。リオ五輪の男子マラソンでメダルを獲得した3選手も着用していた(写真提供:Nike via The New York Times)

ライムカラーにオレンジ、ピンクと、トロピカルドリンクのような色のシューズは、ナイキの「スウッシュ」よりもパラソルのロゴのほうが似合うかもしれない。インソールはラムとココナッツの香りがしそうだ。

色は軽い雰囲気だが、レースで見せる実力は違う。これらのシューズは、昨年のリオデジャネイロ五輪の男子マラソンのメダリスト3人全員が着用し、秋にベルリン、シカゴ、ニューヨークで開催された主要なマラソンレースの勝者たちも履いていた。

勝者たちが履く最強のシューズ

最新のシューズは、国際レースで見事な結果を生み出している。だが一方で、着用するランナーのパフォーマンスを不公平に強化していないのかという点で、極めてあいまいなルールの下でシューズの開発が進んでいることに議論が生じている。

技術開発によってアスリートをサポートする機能は、どこまで認められるべきなのだろうか?

この問題については多くの競技が答えを出せずにいる。競泳では、世界記録を次々と誕生させたフルボディのスーツが、浮力とスピードの面で不当な優位性を選手に与えているとして2008年の北京五輪後に禁止された。陸上競技界は、南アフリカのスプリンター、オスカー・ピストリウスが着用した義足のブレードの問題に悩まされた。

次ページ新たに持ち上がっているシューズ問題とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT