ナイキ「速く走れるマラソンシューズ」の衝撃

スポーツ用品の技術革新はどこまでOK?

ナイキの「ズームヴェイパーフライ」。リオ五輪の男子マラソンでメダルを獲得した3選手も着用していた(写真提供:Nike via The New York Times)

ライムカラーにオレンジ、ピンクと、トロピカルドリンクのような色のシューズは、ナイキの「スウッシュ」よりもパラソルのロゴのほうが似合うかもしれない。インソールはラムとココナッツの香りがしそうだ。

色は軽い雰囲気だが、レースで見せる実力は違う。これらのシューズは、昨年のリオデジャネイロ五輪の男子マラソンのメダリスト3人全員が着用し、秋にベルリン、シカゴ、ニューヨークで開催された主要なマラソンレースの勝者たちも履いていた。

勝者たちが履く最強のシューズ

最新のシューズは、国際レースで見事な結果を生み出している。だが一方で、着用するランナーのパフォーマンスを不公平に強化していないのかという点で、極めてあいまいなルールの下でシューズの開発が進んでいることに議論が生じている。

技術開発によってアスリートをサポートする機能は、どこまで認められるべきなのだろうか?

この問題については多くの競技が答えを出せずにいる。競泳では、世界記録を次々と誕生させたフルボディのスーツが、浮力とスピードの面で不当な優位性を選手に与えているとして2008年の北京五輪後に禁止された。陸上競技界は、南アフリカのスプリンター、オスカー・ピストリウスが着用した義足のブレードの問題に悩まされた。

次ページ新たに持ち上がっているシューズ問題とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。