フルマラソン4時間切り!85歳「超人」の秘密

老化は意志の力である程度抑えられる

フルマラソンを4時間以内で走ったランナーの世界最高齢記録を更新した、85歳のエド・ホイットロック氏 (写真:Ian Willms/The New York Times)

クリスマスを目前にしたその日は、走るのにおあつらえ向きとはとてもいえない天候だった。通りに沿って雪は深く積もり、車道は凍結していた。エド・ホイットロック(85)の肩は痛み、顔はむくんでいた。練習場である墓地に行けるような体調ではないと彼は考えていた。

頼みに応じてホイットロックはこれまでの偉業を示す記念品を見せてくれた。60歳のとき、複数のレースで勝利を収めたことを祝うビール缶(――まだ中身は入ったままだよ!)。フルマラソンを3時間以内で完走した初の(そして今に至るまで唯一の)70歳代ランナーとなったことを記念するコーヒーマグ。マイナーリーグの始球式で投げたボール……。

「キャッチャーのところに行くまでに3回もバウンドしたんだ。腕のほうはからっきしでね」とホイットロックは言った。

ホイットロックの驚異の記録を支えているのは、腕ではなく足と肺の能力だ。去年10月、85歳にしてトロント・ウォーターフロント・マラソンに参加した彼は、3時間56分34秒で完走。フルマラソンを4時間以内で走ったランナーの世界最高齢記録を更新した。

科学者たちは老化と運動能力の可能性に関心

1500メートル走からマラソンまで、その時々の年代の最速記録を何十回も塗り替えてきたホイットロックは、今も文字どおりの「トップランナー」だ。こうした高齢アスリートたちの活躍を受け、科学者たちは老化と運動能力の可能性に関心を抱き、分析を行っている。

「彼の老化は人間としては最低限に近いといっていい」と、メイヨー・クリニックで運動能力と老化について研究しているマイケル・ジョイナーは言う。

アスリートとしてのホイットロックは、すばらしいだけでなく型破りだ。まず第一に、彼はトロント郊外の自宅に近い墓地で1人でトレーニングをしている。車にも現代の運動理論にもトレーニング用のガジェットにも邪魔されず、3〜3時間半かけて墓地内を走るのだ。

次ページ驚くべき酸素摂取量
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。