ニューバランスが「原宿スタジアム」に描く夢

竹下通りに人工芝のフィールドが突如出現

「NB BETA STADIUM」では、キックターゲットなど数種類のアトラクションが楽しめる

原宿の明治通り沿い、竹下通り交差点。周囲には、ラフォーレ原宿や東急プラザ表参道原宿をはじめとしたファッションビルが軒を連ねる。若者が行き交うこの場所に、突如、人工芝のフィールドが姿を現した。

名称は、「NB BETA STADIUM(ニューバランス ベータ スタジアム)」。そう、この施設を建設したのはスポーツメーカーのニューバランスなのだ。

感度の高い若者にアピール

画像を拡大
フィールドは竹下通りと明治通りの交差点にある

フィールド奥の壁面にはLEDの大型スクリーンが設置され、ニューバランスのテロップやCMが流れる。さながらスタジアムのような雰囲気。入り口は公園のようなオープンスペースになっており、誰でも無料で利用可能だ。

11月23日までの約3週間にわたって、ランニング、サッカー、野球に関するアトラクションが週替わりで楽しめる。9枚の的に向かって野球のボールを投げる「ストラックアウト」、ゴールの的を狙ってサッカーボールを蹴る「キックターゲット」といったおなじみのゲームのほか、バーチャルテニスゲームやランニングイベントも予定されている。

ファッション感度の高い若者に気軽にスポーツに親しんでもらうのが、ニューバランスの狙い。平日は飲食物の持ち込みが可能で、土日祝日は併設のカフェを営業する。ニューバランスのアイテムを身に付けた人を対象にしたスナップ写真コンテストもある。

次ページなぜスタジアムを作ったのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。