米スニーカー専門クリーニング店のすごい技

泥んこ、血だらけのスニーカーも元通りに!

米ロサンゼルスのスニーカー専門クリーニング店、ジェイソン・マークが成功した理由とは (Photo by Jake Michaels/The New York Times)

スニーカーマニアたちはかつて、手製の様々な方法でスニーカーを洗っていた。市販の染み抜きペンや歯磨き粉、食器用洗剤を使ったり、歯ブラシで汚れを落としたりしたものだ。

靴用クリーナーはもちろんあった。でも、貴重なエアジョーダンにスニーカー専用でもないケミカルなものを使うなんて、ありえないことだった。

今どきのスニーカー事情、そしてスニーカーのクリーニング事情を知りたければ、ロサンゼルスのリトルトーキョーのそばにあるショップ、ジェイソン・マークを訪れるといい。

一気に54足持ち込んだ客も

スニーカーケアテクニシャンが一足ずつクリーニングを行う (Jake Michaels/The New York Times)

店内に入ると、木製の靴磨き椅子がイタリア製のローファーではなくナイキやアディダスのスニーカーを履いた客を待ち受けている。カウンターの向こうには、白いワイシャツにデニムのエプロン、ピカピカのスニーカーという身だしなみの整った若い男性たち。彼らは「SCT(スニーカーケアテクニシャン)」という肩書きを持つ。

彼らはオリジナルのシューケア用品と様々な技術を使ってスニーカーについた染みやかかとの汚れなどを消し取り、アディダスのスーパースターやイージーブーストを買ったときと同じような状態に戻すのだ。

「顧客は大抵1~5足持ち込む」と、創業者のジェイソン・マーク(35)は言う。マークはクリーニング用品の発売を2007年から始め、2年前にショップをオープンした。「最高記録は54足だ」

マークたちは様々な状態のありとあらゆるスニーカーを手掛ける。

「泥まみれのスニーカーも持ち込まれる」と、マークは言う。「ちょっとした修理が必要なものもある。担当のSCTがスニーカーを受け取って『この素材にはこれとこれ』という具合にやっていく」

次ページ特別なクリーニング方法は
人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。