ABCマート、空前のスニーカーブームで疾走

「ニューバランス女子」が火付け役

アディダスの「スタンスミス」などが今の売れ筋だ

スニーカーブームが継続している間にも、トレンドは徐々に変化。当初牽引したクラシックランニング系から、今はコート系と呼ばれる商品に人気が移りつつある。1980年代の白を基調にしたシンプルなデザインのものが多く、アディダスの定番である「スタンスミス」や「スーパースター」などが売れ筋だ。一時的なブームではなく、売れ筋を変えながら、市場が拡大していることが伺える。

もっとも海外の有名スニーカーが売れるほど、ABCマートの粗利率は下がる傾向にある。仕入れ値が高いためだ。同社が運営するPB(プライベートブランド)商品「VANS」や「ホーキンス」は、売上高が伸びても構成比が低下している。前期はPB商品比率が6.1ポイント減の40.4%となり、会社全体の粗利率は同0.6ポイント減の53.3%に落ちた。

実際、スニーカーなどスポーツ部門とキッズ部門以外のカテゴリーは、苦戦気味だ。特にレディース部門が前期比11.1%減と落ち込みが大きい。ハイヒールからスニーカーに履き替えた女性が多い結果でもあり、すぐに戻ってくるかは不透明である。

新潮流は6000円の「ぺたんこ靴」

ただ、ABCマートも、手をこまぬいているわけではない。今期はスニーカー以外のPB販売にも力を入れ、粗利率の向上を目指していく方針だ。「トレンドをつかんでいくことが大事だ。レディースの中でもスニーカーライクであったり、レザーでもスポーツウオーキングなどデザインの競争力を上げていく」と野口社長は言う。

たとえば、レディースではPB「ホーキンス」ブランドで、フラットシューズ「フラットライト」の販促を強化する方針。スエードやキャンパス素材などのぺたんこ靴で、リラックスできることが特徴だ。価格は6000円前後に抑えて幅広い年代の女性客を狙っており、スニーカーとは違うトレンドになりつつあるという。

新業態開発も進めている。4月にはスポーツとファッションをキーワードにした「エースシューズスタジオ」を、東京・碑文谷にオープンした。シューズとともにウエアもそろえ、ランニングやヨガ、フィットネスなどの需要を取り込む。野口社長は「東京五輪に向けてひとつのキーにしたい。今後スポーツ業態を成長分野にとらえたい」と意気込んでいる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。