アシックスが描く「米国首位作戦」の現実味

思わぬ誤算があっても米国を最重視

新投入のスニーカーは好調だったが、急成長を続ける米州で、思わぬ誤算に直面した(撮影:今井康一)

快走を続けていた、スポーツメーカー大手アシックスの業績が、思わぬ石に躓いた。2月12日に発表した2015年12月期連結業績は、売上高4284億円、営業利益274億円だった。

前2014年12月期は国内9カ月、海外12カ月という変則決算だったため、単純比較はできない。国内を12カ月で計算した組み替え後の前年同期間比では、売上高が10.5%増だったものの、営業利益は8.3%減という減益となっている。

稼ぎ頭の米州のセグメント利益が約9割減

欧州は売上高1160億円(組替え後の前年同期間比10.7%増)、セグメント利益は109億円(同26.4%増)と好調を維持した。誤算となったのは米州地域の減速だ。円安の恩恵もあり、売上高1361億円(同14.5%増)と増収を確保したものの、セグメント利益は14.9億円(同86.3%減)と激減した。

ブラジル通貨レアルの下落で商品の仕入れコストが上昇したことが収益を直撃。稼ぎ頭の米国では卸売り先の大手スポーツ用品店が経営不振になっていることや、中南米の債権回収に時間がかかっていることから貸倒引当金を計上したことが原因だ。

アシックスの海外売上高比率は76%に達する。近年は米国や欧州のランニングブームを追い風に、業績を拡大させてきた。特にスポーツシューズの市場規模が大きいアメリカで断トツの存在感を示すことができなければ、ほかのエリアで大手と戦っていくことは難しい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT