20代女性を虜にするアパレルブランドの正体

マッシュホールディングスは何がスゴいのか

「人脈がないからこそアパレルに参入した」と話す近藤社長(撮影:今井康一)

面白いのは、経験や人脈が何もないところからスタートしたことだ。近藤社長をはじめ、スタート時のメンバー3人は全員がアパレル未経験者。無謀にも思えるが、近藤社長は「何も知らないまっさらの状態のほうが、新しいことができるという根拠のない自信があった」と説明する。

それでも未経験の壁は、思いのほか厚かった。最初の路面店は、卸というビジネスモデルを知らなかったこと、商業施設に出店するノウハウがなかったがゆえの選択で、高い勉強料を支払うこととなった。丸井への出店も、個人的に付き合いのあった生命保険の営業担当者に、担当部長を紹介してもらったから実現できたことだ。

なんだか行き当たりばったりのようにも思えるが、近藤社長が当初から大切にしているのは、目の前に現れた壁は自分たちの力で考えて乗り越えること。後述する中国事業でも一貫しているこの姿勢は、同社の成功の大きな要因となっている、と私は見ている。あえて茨の道を選択し、茨を糧にすると言えばいいだろうか。

若い女性の心をつかむ3つの戦略

その後、同社はブランドや業容を破竹の勢いで拡大。現在、ファッション事業ではスナイデルのほか、“大人のデザート”をコンセプトにモコモコ素材のルームウエアを提案する「ジェラートピケ(gelato pique)」、ヴィンテージの要素を現代的にアレンジした「リリーブラウン(Lily Brown)」、モードを日常に落とし込んだ次世代のビジネススタイルを提案する「フレイアイディー(FRAY I.D)」など9ブランドを展開する。どれもコンセプトは明快で、お互いを食い合うことなく、若い女性の間で支持を広げているのが特徴だ。

なぜ同社だけが若い女性のハートをとらえているのかを分析すれば、①現代の若者のお財布事情に合った価格戦略、②価格に対して価値の高い商品を供給していること、③女性が女性のためにデザインしていること――の3つを実直に実行していることに尽きる。ブランドというと「歴史がありクオリティが高く高価なもの」と定義しがちだが、近藤社長は「若い女性に手が届く価格帯のブランド」を作ることを目指している。

「今の若い世代は、私たちの頃とは“投資の幅”がまったく違います。お小遣いを配分するセグメントが増えすぎて、昔みたいに洋服に一極集中することは不可能なんです。今はいい服を着るより、オーガニックのジュースを飲み、ヨガで体のバランスを整えるほうが、価値があるとされる時代。ハイブランドのビジネスは今後も残ると思いますが、それとは別の『先進国の人たちの平均年収に対するアプローチ』が、これからのブランドビジネスには欠かせません」

次ページ単に「安い」だけではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT