iPhoneを「子ども」に渡す前にやるべきこと

写真やアプリを共有できる設定にしよう

使わなくなったiPhoneを子どもに与えるとき、やるべき設定とは?(写真:saki / PIXTA)

機種変更して不要になったiPhoneは、子ども用にうってつけだ。2年程度前の機種であれば、性能も十分。ワイモバイルやUQ mobileがいまだにiPhone 5sを主力商品として販売していることも、それを裏づける。使わなくなったiPhoneは売却してもいいが、家族の中に使いたい人がいれば、譲るのもひとつの選択肢だ。

とはいえ、iPhoneはインターネットに直接つながる端末なので、何も設定せずに渡すのはリスクも大きい。SNSなどで不用意に見知らぬ人とつながってしまったり、成人向けサイトにアクセスしてしまったりと、子どもに利用させる際には、適切な管理が必要となる。子ども向けのキッズケータイとは異なり、こうした設定は親がしっかり把握しておくことが必要だ。

iPhoneには機能制限をかけることができ、これを適切に設定すれば安全性が高まる。また、通信料についても、安く済ませることができれば親にとってはありがたいはずだ。そこで今回は、これまで使っていたiPhoneを子ども専用仕様にする裏技を解説する。

1.子ども用Apple IDを作成する

この連載の一覧はこちら

iPhoneのアプリやサービスを利用するうえで欠かせないのがアカウント「Apple ID」だが、規約上、13歳未満の子どもは自ら作成できないことになっている。有料アプリを親が知らない間に買ってしまうなど、問題も起こりやすいため、iPhoneを与えても、勝手にApple IDを設定させるのはやめておいたほうがいい。このようなケースで役に立つのが、子ども用Apple IDだ。

子ども用Apple IDは、親のApple IDにひもづける形で作成できる。子ども用Apple IDは、「ファミリー共有」と呼ばれる機能のひとつで、親がアプリや音楽などの購入を管理できる点が特徴だ。子どもがアプリをダウンロードしようとすると、ファミリー共有で管理者になっている親のiPhoneに通知が表示され、承認もしくは拒否することが可能になる。

次ページこの機能のメリットは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。