iPhoneを「子ども」に渡す前にやるべきこと

写真やアプリを共有できる設定にしよう

使わなくなったiPhoneを子どもに与えるとき、やるべき設定とは?(写真:saki / PIXTA)

機種変更して不要になったiPhoneは、子ども用にうってつけだ。2年程度前の機種であれば、性能も十分。ワイモバイルやUQ mobileがいまだにiPhone 5sを主力商品として販売していることも、それを裏づける。使わなくなったiPhoneは売却してもいいが、家族の中に使いたい人がいれば、譲るのもひとつの選択肢だ。

とはいえ、iPhoneはインターネットに直接つながる端末なので、何も設定せずに渡すのはリスクも大きい。SNSなどで不用意に見知らぬ人とつながってしまったり、成人向けサイトにアクセスしてしまったりと、子どもに利用させる際には、適切な管理が必要となる。子ども向けのキッズケータイとは異なり、こうした設定は親がしっかり把握しておくことが必要だ。

iPhoneには機能制限をかけることができ、これを適切に設定すれば安全性が高まる。また、通信料についても、安く済ませることができれば親にとってはありがたいはずだ。そこで今回は、これまで使っていたiPhoneを子ども専用仕様にする裏技を解説する。

1.子ども用Apple IDを作成する

この連載の一覧はこちら

iPhoneのアプリやサービスを利用するうえで欠かせないのがアカウント「Apple ID」だが、規約上、13歳未満の子どもは自ら作成できないことになっている。有料アプリを親が知らない間に買ってしまうなど、問題も起こりやすいため、iPhoneを与えても、勝手にApple IDを設定させるのはやめておいたほうがいい。このようなケースで役に立つのが、子ども用Apple IDだ。

子ども用Apple IDは、親のApple IDにひもづける形で作成できる。子ども用Apple IDは、「ファミリー共有」と呼ばれる機能のひとつで、親がアプリや音楽などの購入を管理できる点が特徴だ。子どもがアプリをダウンロードしようとすると、ファミリー共有で管理者になっている親のiPhoneに通知が表示され、承認もしくは拒否することが可能になる。

次ページこの機能のメリットは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT