要注意!iPhone「偽アプリ」急増の深刻度

米国で偽の小売店アプリが何百も出現

悪意のあるアプリはこれまでアップストアから締め出されてきたが…(撮影:尾形文繁)

ここ数週間で、小売店や製品の名をかたった何百もの偽のアプリがアップストアに現れている。クリスマス前の買い物客が狙われるタイミングだ。

偽アプリは1ドルショップのダラー・ツリーやスポーツ用品店のフット・ロッカーなどのアプリに成りすましている。百貨店のディラーズやノードストローム、オンライン靴店のザッポス、ファッションSNSのポリボア、高級ブランドのジミーチュウ、クリスチャン・ディオール、サルヴァトーレ・フェラガモなどのふりをしているアプリもある。

「偽アプリが集中的に現れている」。こう話すのは、ピッツバーグで小売業者用アプリの制作と管理を請け負うブランディング・ブランドのCEO、クリス・メイソンだ。彼によると、ブランディング・ブランドは定期的に新しいアプリを追跡しているが、これほど短期間にこれほど大量の偽iPhoneアプリが現れたのを見たのは初めてだという。

偽アプリの中には比較的害の少ないものもある、とメイソンは話す。迷惑なポップアップ型の広告を出すようなアプリだ。

しかし、偽アプリを使うと深刻な被害が及ぶおそれもある。クレジットカードの情報を入力したら金融詐欺にあうかもしれない。また、マルウェアが潜んでいるアプリもあり、個人情報が盗まれたり、携帯電話がロックされてカネを要求されたりする可能性もある。さらには、フェイスブックからログインするよう勧める偽アプリもあって、それを実行すると大切な個人情報が流出するおそれも生じる。

アップルの審査も通過

偽のアプリは大半が中国で開発されたものだ。アップルではすべてのアプリを公開前に審査するが、偽アプリはその審査プロセスを通り抜けた。

より規制の緩いグーグルのアンドロイド・スマートフォン向けプラットフォームと比較すると、アップルではアプリを事前審査することが強みの一つとなっている。その審査では、詐欺的なアプリや、他社の知的所有権を不適切に使用したアプリ、消費者に害を及ぼすおそれのあるアプリは公開を認められないはずだ。

次ページ自社ブランドの名前がどう使われているか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。