古いiPhoneを「下取り」に出すのは得か、損か

注意!キャリアの下取り額は相場より安い

不要になったiPhoneはどこで売るのがおトクなのだろうか(写真:freeangle / PIXTA)

各キャリア(通信事業者)とも、iPhoneの下取りキャンペーンに力を入れている。古いiPhoneを売り、最新モデルを購入する際の負担感を減らすためだ。一方で、キャリアだけがiPhoneの売り先ではない。中古店やオークションなど、多彩な売り先を吟味すれば、よりおトクにiPhoneを買い替えられる可能性も高い。

逆に、iPhoneを紛失してしまったときなどに、買い替えまでの一時しのぎとして、中古でiPhoneを買うこともあるはずだ。格安スマホ(MVNO)の台頭に伴い、中古のスマホ市場も急拡大しており、こうした端末を購入することも“普通”になりつつある。

ただし、中には怪しい業者もあり、新品を買うときと同じわけにはいかない。端末が正規に買われたものかどうかは自分で見分ける必要がある。特にネットオークションなどで直接個人から端末を買うときは、慎重になるべきだ。そこで今回は、iPhoneの売り方や中古iPhoneの買い方の裏技を紹介していきたい。

1. iPhoneを売るなら中古屋かオークションで

この連載の一覧はこちら

各キャリアともiPhoneの下取りに力を入れており、最新モデルが登場すると、買い取り額を増額するケースもある。買い替え時に下取りになれば、一見、毎月の負担額が下がるように思えておトク……と思われがちだが、実はキャリアの下取り額は市場の相場と比べて、安く設定されていることが多い。買い取り価格を調べないまま売りに出すのは、損になるため注意が必要だ。

次ページたとえばiPhone 6sの場合
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT