iPhone紛失!その瞬間にやるべき3つのこと

「iPhoneを探す」は万全ではない

iPhoneを紛失したとき、画面に自分の連絡先を表示することが可能だ(著者撮影)

電話帳にメールにスケジュールにと、iPhoneは個人情報の塊。うっかり紛失したり、盗難されたりすると、その損害は計り知れない。とはいえ、モバイル端末はコンパクトゆえに、注意していてもどこかに置き忘れる可能性は十分ありうる。万が一のときのために、紛失したiPhoneを探す方法は知っておくべきだ。

また、紛失・盗難時には、iPhoneそのものだけでなく、iPhoneの中に入っているSIMカードへの対応も必要になる。SIMカードは端末と独立しているもので、それだけを抜き取って使われてしまうおそれがあるからだ。国内にいるときはもちろん、特に海外では、思わぬ高額請求につながる場合があるため、注意しておきたい。今回は、iPhoneの紛失・盗難時に取るべき対策を紹介していく。

1.「iPhoneを探す」で場所を確認する

PCなどのブラウザから、iCouldにアクセス。「iPhoneを探す」でどこにあるかがわかる

iPhoneをなくしたり、盗まれてしまったときに、まずすべきなのは、「iPhoneを探す」を開くこと。iPhoneを探すは、iPhoneに標準で搭載されている機能で、ほかのiOSデバイスやPCのブラウザから、遠隔でiPhoneの位置情報を検索できる。しかし、手元にiPhoneがない状態だと、すぐにネットにつながる環境にない場合もある。そのようなときは、近くにいる友人にスマホやPCを借りるケースもあるだろう。iOS用にはアプリが用意されているが、そのほかのデバイスの場合はブラウザ経由でアクセスするのが手っ取り早い。

「iPhoneを探す」は、iCloudのひとつの機能として提供されている。そのため、まずはブラウザを開いて、iCloudのサイトにアクセスする必要がある。Apple IDとパスワードを入力してログインした後、表示されるアイコンの中から「iPhoneを探す」をクリックすればいい。地図が現れ、ネットワークにつながっているiPhoneやiPadなどのデバイスがある場所を指し示してくれる。

次ページ拾得者宛てのメッセージを表示できる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。