アップルペイはおサイフケータイより簡単だ

キャッシュバックキャンペーンは要チェック

ついにiPhoneでSuicaが使えるようになった(筆者撮影)

iPhone 7/7 Plusの目玉といえる、日本版Apple Payがついに10月25日、スタートした。Apple Payは、「おサイフケータイ」に近い、非接触決済のプラットフォームだ。iPhone 7/7 PlusはSuicaやおサイフケータイでおなじみのFeliCaというチップを内蔵しており、それを使ったApple Payがプラットフォームとなる。そのApple Payの上に、iDやQUICPay、Suicaといった各サービスが乗る構造だ。

支払いができるという点はおサイフケータイとほぼ同じだが、Apple Payの売りは、アップルらしい直感的なユーザーインターフェースにある。たとえば、クレジットカードはカメラで写し、セキュリティコードや簡単な認証を通すと、すぐに使えるようになる。Walletアプリ内にプラスチックカードのイメージが表示され、登録しているカードが一目瞭然でカードの切り替えもしやすい。

このApple Payを、さっそく登録し、実際に試してみた。ここでは、その利用方法などを改めてチェックしていこう。

クレジットカードの登録は非常に簡単

この連載の一覧はこちら

Apple Payでもっとも簡単なのが、利用しているクレジットカードを取り込む方法だろう。後述するSuicaより仕組みがシンプルで、コンビニやタクシーなど、さまざまな場所で利用できる。

カードの取り込み方は、非常にシンプルだ。方法は、主に2つある。1つ目は、Apple IDに登録しているクレジットカードを、Apple Payで利用するというもの。Apple Payに対応したiOS 10.1の初期設定時に、Apple IDにひも付けているクレジットカードをApple Payで利用するかどうかを尋ねられる。この場合、クレジットカードのセキュリティコードを入れるだけで、Apple Payへの登録手続きが完了した。

次ページもう1つの方法は……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT