アップルペイはおサイフケータイより簡単だ

キャッシュバックキャンペーンは要チェック

ついにiPhoneでSuicaが使えるようになった(筆者撮影)

iPhone 7/7 Plusの目玉といえる、日本版Apple Payがついに10月25日、スタートした。Apple Payは、「おサイフケータイ」に近い、非接触決済のプラットフォームだ。iPhone 7/7 PlusはSuicaやおサイフケータイでおなじみのFeliCaというチップを内蔵しており、それを使ったApple Payがプラットフォームとなる。そのApple Payの上に、iDやQUICPay、Suicaといった各サービスが乗る構造だ。

支払いができるという点はおサイフケータイとほぼ同じだが、Apple Payの売りは、アップルらしい直感的なユーザーインターフェースにある。たとえば、クレジットカードはカメラで写し、セキュリティコードや簡単な認証を通すと、すぐに使えるようになる。Walletアプリ内にプラスチックカードのイメージが表示され、登録しているカードが一目瞭然でカードの切り替えもしやすい。

このApple Payを、さっそく登録し、実際に試してみた。ここでは、その利用方法などを改めてチェックしていこう。

クレジットカードの登録は非常に簡単

この連載の一覧はこちら

Apple Payでもっとも簡単なのが、利用しているクレジットカードを取り込む方法だろう。後述するSuicaより仕組みがシンプルで、コンビニやタクシーなど、さまざまな場所で利用できる。

カードの取り込み方は、非常にシンプルだ。方法は、主に2つある。1つ目は、Apple IDに登録しているクレジットカードを、Apple Payで利用するというもの。Apple Payに対応したiOS 10.1の初期設定時に、Apple IDにひも付けているクレジットカードをApple Payで利用するかどうかを尋ねられる。この場合、クレジットカードのセキュリティコードを入れるだけで、Apple Payへの登録手続きが完了した。

次ページもう1つの方法は……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。