アップルペイはおサイフケータイより簡単だ

キャッシュバックキャンペーンは要チェック

レジでは「iDで」「QUICPayで」というように、具体的なサービス名称を告げるようにしよう。上記で述べたように、Apple Payはあくまで決済のプラットフォーム。実際の処理は、iDやQUICPay、Suicaで行われるためだ。決済端末側には、Apple Payというボタンがないため、サービス名がわからないと、どれで決済していいのかが不明なのだ。

このように支払い方法はシンプルだが、一部の決済端末は、おサイフケータイの仕様を前提に作られているため、ちょっとしたコツがいる。たとえばローソンの決済端末は、スマートフォンの中にある対応サービスを読み取り、利用可能なものが表示される仕組みになっている。ユーザーは、その中から使いたいサービスを選ぶ仕様だ。

Apple Payの場合、Touch IDで認証を行ったあとでないと、決済端末側からFeliCaの電波が読み取ることができないため、使えるサービスが表示されないのだ。そのため、二度手間になってしまうが、一度認証を行った状態で決済端末にかざし、その後、iDなりQUICPayなりSuicaなりを選んで、もう一度iPhoneをかざすという手順を踏まなければならない。今後、こうした仕様は改善される予定もあるが、現時点ではやや手間がかかることは覚えておきたい。

クレカ会社はキャンペーンを実施中

鳴り物入りでスタートしたサービスなだけに、クレジットカード会社各社も、大々的にキャンペーンを展開している。通信事業者系では、ドコモのdカードが、1万円以上利用した際に、抽選で1万ポイントが当たるキャンペーンを展開中だ。1000名とやや少ないが、登録しておいたほうがいいだろう。auは、au WALLETクレジットカードを登録すると100ポイントもらえるほか、2月末まで、決済時につくポイントが2倍になる。

この2社に比べて大盤振る舞いなのがソフトバンクで、プリペイド型のソフトバンクカードをApple Payに登録すると2000円ぶんがチャージされる。さらに、おまかせチャージを設定して利用すると、3000円がもらえるため、使わない手はない。ほかにも、三井住友カードが先着5万人に5000円のキャッシュバックをしていたり、JCBが利用額の10%を上限5000円までキャッシュバックしていたりと、お得なキャンペーンを各社が実施中だ。iPhone 7/7 Plusのユーザーでこれらのクレジットカードを持っている人は、お試し感覚でまずは利用してみることをオススメしたい。

非常にシンプルで簡単に使い始めることができるiDとQUICPayだが、Suicaはやや立て付けが異なっている。登録のパターンが多く、複雑な印象を受けるため、自分の状況に合わせたものを選ぶのが正解だ。

Walletアプリから登録できるところまではiDやQUICPayと同じだが、その方法がいくつかある。1つ目が、カード型のSuicaを読み取るものだ。この場合、Suica番号の下4桁を入れたあと、iPhoneをSuicaカードにかざして情報を読み取る作業が必要になる。Suicaカードのデポジットである500円は返金され、チャージされた状態になるが、カード自体は利用できなくなる。定期券などの情報も引き継がれる。

ただし、この方法はApple Pay開始の利用者殺到が原因で、本稿執筆時点(10月26日)では、登録に失敗することが多々ある。筆者も何度も試してはいるが、残念ながらいまだに登録ができていない状態だ。

次ページSuicaカードを持っていない場合は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT