知らないと損!アップルペイのお得な使い方

非対応のカードもあるので注意が必要だ

いま注目のApple Payについて聞きます!

iPhoneの最新モデルであるiPhone 7/7 Plus、およびApple Watch Series2がついに非接触型のICカード技術「FeliCa」に対応。これにより、日本でも同社の電子決済サービス「Apple Pay」が利用可能になった。そこで本サイトでは、いま注目のApple Payの解説をクレジットカード評論家の岩田昭男さんに依頼。実際の使い方とApple Pay利用における注意点を聞いていこう。

※本稿はGet Navi webで10月1日に配信された記事を転載しており、現在の状況と異なる部分があります

カメラを使ったApple Payの設定は驚くほどカンタン!

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

――まずは、Apple Payを使う前の設定方法を教えてください。

岩田:最初に言っておきたいのは、Apple Payの設定は驚くほど簡単だということです。iPhone 7にはApple Payがプリインストールされています。

【解説してくれる人】クレジットカード評論家 岩田昭男さん
20年以上にわたってクレジットカード、電子マネーの取材・研究に携わるスペシャリスト。独自の情報網を持ち、最新のApple Pay 事情に精通している。現在発売中の「絶対トクする! クレジットカード最強ガイド 2016Winter」(740円+税/学研プラス)の監修も務める。

必要なのは電子マネーのiDやQUICPayの引き落とし先となるクレジットカードの登録ですが、これはiPhone 7に搭載のiSightカメラでカードの券面を撮影し、カード裏面のセキュリティコードを入力するだけ。撮影画像からカード番号や有効期限、名前を取得して、自動的に登録します。カード会社への届け出も必要ありません。

また、複数のクレジットカードを登録することも可能です(その場合は、iDやQUICPayに紐付けするカードを指定する必要あり)。

Suicaの場合はさらに簡単で、iPhone 7をSuicaのカードの上に置くだけで、自動的にカード情報がiPhone 7に移行し、画面にSuicaの券面が現れます。ちなみに、移行したあとのSuicaカードは無効化され、使えなくなるのでご注意を。

「ビュー・スイカ」カードやビックカメラSuicaカードなど、Suica一体型のクレジットカードを登録する方法は、現在ビュー・カードからのアナウンス待ちの状態です。

カード情報をiPhone 7に移行するにはiPhone 7をSuicaのカードの上に置くだけ

――登録手続きがかなり簡略化されているのは画期的ですね! では登録後、実際に使うにはどうすればいいんでしょう?

岩田 まず、カードに紐付けされている電子マネーの種類によって、レジ前で「iDで」「QUICPayで」「Suicaで」と店員さんに伝えます。次にTouch IDに指を置いたままレジの専用端末にiPhone 7をかざす(Apple Watch 2の場合はサイドボタンをダブルクリックする)と、支払いが終了します。指紋認証をしながら決済するからセキュリティも万全。支払いの際に、本体ロックを解除したり、専用アプリを起動しておく必要はありません。

次ページ改札を通る時の注意点
関連記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。