iPhone7が「超魅力的な端末」といえる理由

頻繁に使う要素をしっかり磨き込んだ

さすがアップル。新製品の「作り込み」はハンパではなかった(筆者撮影)

かつて、iPhoneの新バージョンは発表まで謎に包まれた存在だった。しかし、近年はiPhoneの生産数が急増したことからパートナー企業の幅が拡がり、情報が漏れやすい状況になっている。

米アップルは現地時間の9月7日午前10時(日本時間の8日午前2時)、サンフランシスコでスペシャルイベントを開催し、iPhoneシリーズの最新機種を発表したが、今回も多くの情報は事前に漏れていたといえる。たとえば、より薄型になるものの見た目に大きな変化はないこと、ヘッドフォーン端子が省略されていること、防塵防滴設計になっていること、FeliCa対応がされていることなどは事前に”予測”されていた。

新しいニュースはなかった?

そうした点を考えれば「新しいニュースはなかった」と感じる人もいるに違いない。実際、iPhoneは何世代もの進化を繰り返し、現在も最先端にある機能的に成熟した製品だ。ハードウェア単体での進化より、基本ソフトであるiOSおよびその上で動くアプリとの組み合わせで新たな提案軸を作り出す側面が強くなっており、大胆な意匠の変更を行うような製品ではなくなっている。

とはいえ、やはり実際に目にして手にすると、その革新ぶりは目を見張るものがあった。

次ページもっとも感心したのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。