iPhone7が「超魅力的な端末」といえる理由

頻繁に使う要素をしっかり磨き込んだ

写真の美しさに感心(筆者撮影)

現地でデモコンテンツを見たりハンズオンで触ったりした際、もっとも感心したのは写真の美しさだ。iPhone 7シリーズは、5.5インチモデルのPlusも含め、ディスプレイとカメラの両方が改良されているが、搭載カメラは業界標準に則った画像ファイルを吐き出すとともに、ディスプレイとのマッチングが図られているようだ。またディスプレイのカラーマッチングも改善されているという。

そうした撮像と表示の両面でチューニングを施した上で、専用映像処理プロセッサ投入や50%光量が増えた2色混合のLEDフラッシュライトなどによる高画質化が図られている。プレゼンテーション内容を素直に受け止めれば、CMOSセンサー自身も高性能化しているとみられる。

暗所での色ノイズが減少

新色として「ジェットブラック」が加わった

その結果、写真の基本的な質が高まり、明所での解像感、発色ともに大きく改善しているように感じられた。明所ではより高精細かつ”コクのある発色”となり、暗所でも極端な解像度の低下や色ノリの極端な悪化がみられない。とりわけ暗所での色ノイズ減には良い印象を持った。

特にiPhone 7 Plusの画質は、コンパクトデジタルカメラを持ち歩く意義を、今一度考え直すほどのものだ。7 Plusのみに通常の28ミリ画角相当のカメラと、56ミリ相当の画角を持つカメラのデュアルカメラが搭載されている。これはズーム時に活用されるのだが、実は望遠ズームだけで使われるのではない。

常に両方のカメラを稼働させ、映像処理エンジン内で合成することで、より細かな情報を引き出すとのこと。詳細に比較したわけではないが、単なる画素数、感度といった数字ではなく、写真の質という面で良い印象を持った。

もうひとつ、実に効果的と感じたのはステレオスピーカーである。

次ページステレオスピーカーはどう変化した?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT