新型iPhoneは、ハードの進化もスゴすぎる

目玉は「Plus」と「ジェットブラック」だ!

サプライズな演出が続いた、米アップルのスペシャルイベント(著者撮影)

アップルは、米国時間9月7日に、サンフランシスコで開催したスペシャルイベントで、iPhone 7・iPhone 7 Plus、第2世代となるApple Watch Series 2などの新製品を発表した。iPhone 7シリーズは、9月9日より予約が開始され、9月16日に発売となる。初期の発売国には、日本も含まれている。

iPhoneは、アップルにとって非常に重要な製品であり、その発表会は、今後の1年の業績を占う瞬間でもある。しかし、その冒頭は非常にリラックスした雰囲気だった。ティム・クックCEOは、米国で人気の番組「Carpool Karaoke」に倣って俳優のジェームズ・コーデンのクルマに乗り込み、歌手のファレルらとともに熱唱しながらステージに上がるという粋な演出。

サプライズは続く。App Storeで50万本が配信されているゲームの紹介では、「足りないものがある」としてマリオの効果音が流れ、任天堂代表取締役宮本茂氏をステージに呼び込み、App Storeで秋に先行配信される予定の新作ゲーム「Super Mario Run」を披露した。

さらに、世界的な現象を巻き起こしたナイアンティックの「ポケモンGO」がApple Watchをサポート。GoogleからNianticに移りポケモンGOを手がけた野村達雄氏が、Apple Watchでより手軽に楽しめるポケモンGOのスタイルを説明した。

デザインとスペックをアピール

アップルはこれまで、iPhoneに関して、スペックが全てではないという姿勢を打ち出してきた。これは次々に最新機種が登場するAndroidに対抗するためであるが、本質的なスマートフォン体験を追究することを重視する、ハードウエアとソフトウエアの双方をコントロールする企業らしい戦略だった。

しかし、iPhone 7はとにかくスペックに対するアピールを欠かさなかった。

次ページその内容とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。