iOS10、触って使って分かった「意外な真実」

その進化は想像以上にさりげないものだった

「iOS 10」のパブリックレビュー版をさっそく試用してみた(筆者撮影)

アップルは米国時間7月7日、iPhone・iPad向けの次期OS「iOS 10」のパブリックプレビュー版(公開テスト版)を公開した。iOS 10は開発者会議「WWDC2016」で発表され(リリースは9月ごろを予定)、開発者向けのプレビュー版は即日公開されたが、パブリックプレビュー版は一般ユーザーが利用できる。

アップルのウェブサイトでユーザー登録をすれば、自分のiPhoneやiPadにiOS 10をインストールして利用できる。ただし、製品版でないため、動作の保証がされていない点には注意が必要だ。

アップルによると、試す際には必ずバックアップを取ってからインストールをし、また普段メインで使っていない端末での試用を推奨している。

今秋には新型iPhoneも登場するとみられるが、現在発売されている既存のデバイスについても、iPhone 5以降のiPhone、第4世代iPad以降のiPad、iPad mini 2以降のiPad、第6世代iPod touchでiOS 10を利用することができる。

正式リリース前のパブリックプレビュー版を、いち早く試してみた。なお、現在配信されているアプリはiOS 10対応以前のバージョンであることから、現在試せたのはiOS 10の純粋な新機能のみである。

ホーム画面に行かずに、多くのことができる

アップルはiOS 10について「史上最大のアップデート」としている。その意味を示すところは、コミュニケーションの表現力を高め、外部アプリとの連携やスタンプにも対応したメッセージアプリの刷新や、Apple Musicのデザイン変更以上に大きなことだ。

iPhoneの基本的な操作方法に変更が加わっている点で、多くのユーザーは非常に新鮮な気持ちで、これまでと同じiPhoneに接することになるのではないだろうか。

インストールを終えてまず驚きがある。

次ページまず気づくのは……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。