iOS10、触って使って分かった「意外な真実」

その進化は想像以上にさりげないものだった

「iOS 10」のパブリックレビュー版をさっそく試用してみた(筆者撮影)

アップルは米国時間7月7日、iPhone・iPad向けの次期OS「iOS 10」のパブリックプレビュー版(公開テスト版)を公開した。iOS 10は開発者会議「WWDC2016」で発表され(リリースは9月ごろを予定)、開発者向けのプレビュー版は即日公開されたが、パブリックプレビュー版は一般ユーザーが利用できる。

アップルのウェブサイトでユーザー登録をすれば、自分のiPhoneやiPadにiOS 10をインストールして利用できる。ただし、製品版でないため、動作の保証がされていない点には注意が必要だ。

アップルによると、試す際には必ずバックアップを取ってからインストールをし、また普段メインで使っていない端末での試用を推奨している。

今秋には新型iPhoneも登場するとみられるが、現在発売されている既存のデバイスについても、iPhone 5以降のiPhone、第4世代iPad以降のiPad、iPad mini 2以降のiPad、第6世代iPod touchでiOS 10を利用することができる。

正式リリース前のパブリックプレビュー版を、いち早く試してみた。なお、現在配信されているアプリはiOS 10対応以前のバージョンであることから、現在試せたのはiOS 10の純粋な新機能のみである。

ホーム画面に行かずに、多くのことができる

アップルはiOS 10について「史上最大のアップデート」としている。その意味を示すところは、コミュニケーションの表現力を高め、外部アプリとの連携やスタンプにも対応したメッセージアプリの刷新や、Apple Musicのデザイン変更以上に大きなことだ。

iPhoneの基本的な操作方法に変更が加わっている点で、多くのユーザーは非常に新鮮な気持ちで、これまでと同じiPhoneに接することになるのではないだろうか。

インストールを終えてまず驚きがある。

次ページまず気づくのは……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT